タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【ヤリスクロス ライズ 比較】どっちがいい?違いはどこ?デザイン、サイズ、エンジン、先進機能、価格を比較。

スポンサーリンク


2020年9月2日更新

8月31日にに発売された、トヨタの新型SUV、ヤリスクロス。


ヤリスクロスは、ライズとC-HRの中間にあたるクロスオーバーです。


今回は、ヤリスクロスとライズの、デザイン、サイズ、パワートレイン、先進機能、価格について比較をしてみましょう。


ヤリスクロスとC-HRの比較記事はこちら
www.takeshi-carnews.com

ヤリスクロスとライズの比較その1:デザイン

ヤリスクロスは、若干角の取れた、丸みを帯びたデザイン。


ライズは、5ナンバーサイズの中で最大限広く使えるような、角張ったデザインです。



ヤリスクロス
f:id:totalcar:20200425222327j:plain

f:id:totalcar:20200425222445j:plain

f:id:totalcar:20200425222338j:plain
出典https://global.toyota



ライズ
f:id:totalcar:20200525021715j:plain

f:id:totalcar:20200525021723j:plain

f:id:totalcar:20200525021731j:plain
出典https://global.toyota

スポンサーリンク



ヤリスクロスとライズの比較その2:サイズ

ヤリスクロスのサイズは、全長4,180mm✕全幅1,765mm✕全高1,560mmです。


ライズのサイズは、全長3,995mm✕全幅1,695mm✕全高1,620mmです。



ヤリスクロスの方が、全長が185mm長く、全幅は70mm広く、全高は60mm低いです。



ライズは5ナンバーサイズ、ヤリスクロスは3ナンバーサイズという大きな違いがあります。


ヤリスクロスとライズの比較その3:室内の広さ、荷室

ヤリスクロスの室内寸法は、室内長1,845mm✕室内幅1,430mm✕室内高1,205mm


ライズの室内寸法は、室内長1,965mm✕室内幅1,420mm✕室内高1,260mmです。


荷室容量は、ヤリスクロスが390L、ライズが369Lです。


室内、特に後部座席はライズの方が広く、荷室はヤリスクロスの方が大きいです。


室内の広さは、ライズの方が広いですね。

スポンサーリンク



ヤリスクロスとライズの比較その4:パワートレイン

ヤリスクロスには、1.5Lガソリンエンジンと1.5Lハイブリッドが設定されているのに対し、

ライズには1.0Lターボエンジンのみが搭載されています。

ヤリスクロスのパワートレイン

【1.5Lガソリン】
最高出力・・・120ps/6600rpm
最大トルク・・・14.8kgf・m/4800-5200rpm


【1.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・91ps/5500rpm
エンジン最大トルク・・・12.2kgf・m/3800-4800rpm
モーター最高出力・・・80ps
モーター最大トルク・・・14.4kgf・m
システム最高出力・・・116ps


ヤリスクロスに搭載されているエンジンは、どちらもダイナミックフォースエンジンです。


ライズのパワートレイン

【1.0Lターボ】
最高出力・・・98ps/6000rpm
最大トルク・・・14.3kgf・m/2400-4000rpm


ライズのエンジンは、ダイナミックフォースエンジンではありません。


ライズの方が出力は低いですが、車重が軽いので、加速力は同程度になるのではないかと思います。

スポンサーリンク



ヤリスクロスとライズの比較その5:先進機能

ヤリスクロスには、最新のトヨタセーフティセンスがベースとなるものが搭載されます。


ライズはダイハツが製造しているので、ダイハツのスマートアシスト3が搭載されています。

ヤリスクロスの先進機能

ヤリスクロスの先進機能は、以下のとおりです。


・プリクラッシュセーフティ
・レーントレーシングアシスト
・レーンディパーチャーアラート
・レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト
・先行車発進告知機能
・インテリジェントクリアランスソナー
・ブラインドスポットモニター
・リヤクロストラフィックオートブレーキ
・アドバンストパーク


各機能の詳細は、こちらのページで解説しています。

www.takeshi-carnews.com


ライズの先進機能

ライズの先進機能は、以下のとおりです。


・衝突回避支援ブレーキ機能
・衝突警報機能
・車線逸脱警報機能
・車線逸脱抑制制御機能
・ブレーキ制御付誤発進抑制機能
・先行車発進お知らせ機能
・アダプティブドライビングビーム
・オートハイビーム
・コーナーセンサー
・標識認識機能
・全車速追従機能付ACC
・サイドビューランプ
・レーンキープコントロール
・ブラインドスポットモニター
・リヤクロストラフィックアラート
・パノラミックビュー
・スマートパノラマパーキングアシスト


各機能の詳細は、こちらのページで解説しています。

www.takeshi-carnews.com

スポンサーリンク



ヤリスクロスとライズの比較その6:価格

【ヤリスクロスの価格】
ガソリン車
X Bパッケージ・・・179万8,000円
X・・・189万6,000円
G・・・202万円
Z・・・221万円


ハイブリッド車
HYBRID X・・・228万4,000円
HYBRID G・・・239万4,000円
HYBRID Z・・・258万4,000円


【ライズの価格】
X・・・167万9,000円
X S・・・174万5,000円
G・・・189万5,000円
Z・・・206万円


価格を比較してもわかるように、ヤリスクロストライズは結構価格帯が重なっています。


どっちにしようか迷う人が続出しそうな価格設定ですね。


もう少しC-HRに近い価格になるのかな?と思っていましたが、トヨタもなかなか戦略的な価格設定をしてくるものです。


日産キックスなんかは、なかなか厳しい戦いになりそうです。

www.takeshi-carnews.com


まとめ

車内の広さや小回りなど、使い勝手だけを見ればライズの方が良いかもしれません。


ただ、ヤリスクロスにはTNGAプラットフォームが採用されており、ヤリスの走りから考えても、走行性能はライズよりもかなり上になるはずです。


サイズ的にもライズとC-HRのちょうど中間なので、このサイズを求めている人も一定数いるはずです。


ヤリスクロスも、結構人気になる予感がします。


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク