タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【新型 スイフト/スイフトスポーツ マイナーチェンジ】デザイン、カラー(新色、ツートンカラー)、予防安全装備など、変更点まとめ

5月15日に、新型スイフトと、新型スイフトスポーツが発表されました。


デザインの変更がされているのでマイナーチェンジと言っても良いと思うのですが、一部仕様変更、一部改良という扱いになっています。



新型スイフトは、「新グレードの追加」「デザインの変更」「カラーの変更」「装備の充実」「価格の変更」が。


新型スイフトスポーツは、「カラーの変更」「装備の充実」「価格の変更が」が実施されています。



どこが変わったのか、新型スイフト、新型スイフトスポーツの改良点、変更点を紹介します。

新型スイフト、スイフトスポーツの発売日は、2020年5月25日

新型スイフト、新型スイフトスポーツの発売日は、2020年5月25日です。


現行スイフトは2017年1月に発売されてから、3年が経過しています。


今は、マイナーチェンジではなく、一部仕様変更という扱いですが、デザインが変更されていますし、タイミング的にも、実質マイナーチェンジと思っておいて良いでしょう。


HYBRID SZグレードを新設定

新型スイフトには、HYBRID SDZグレードが設定されるなど、グレード構成が変更されています。


【旧型スイフトのグレード構成】
・XGリミテッド
・XL
・RS
・RSt
・HYBRID ML
・HYBRID SL
・HYBRID RS



【新型スイフトのグレード構成】
・XG
・RS
・HYBRID MG
・HYBRID RS
・HYBRID SZ


グレードが削減、変更されています。

スポンサーリンク



新型スイフトは、デザインも変更

新型スイフトスポーツはデザインの変更はされていませんが、スイフトはデザインも変更されています。


変更点は、以下の3点です。

・立体感を強めた新意匠のフロントメッキグリル

・シルバー塗装の新意匠のアルミホイール(XG、HYBRID MGにメーカーオプション)

・切削加工とブラック塗装を施した新意匠のアルミホイール(RS、HYBRID RS、HYBRID SZ)


f:id:totalcar:20200516044603j:plain
出典https://www.suzuki.co.jp


新型スイフトのカラーラインナップ一覧

新型スイフトには、新色のツートンカラーが設定されるなど、カラーラインナップに変更があります。


グレードごとに設定されているカラーが違います。


【XG、HYBRID MG、HYBRID SZグレード】
・フレイムオレンジパールメタリック✕ブラック
・ラッシュイエローメタリック✕シルバー
・バーニングレッドパールメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・ピュアホワイトパール
・スーパーブラックパール
・スターシルバーメタリック



【RS、HYBRID RSグレード】
・フレイムオレンジパールメタリック✕ブラック
・バーニングレッドパールメタリック✕ブラック
・スピーディーブルーメタリック✕ブラック
・ラッシュイエローメタリック✕シルバー
・バーニングレッドパールメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・ピュアホワイトパール
・スーパーブラックパール
・スターシルバーメタリック



【HYBRID SZグレード】
・フレイムオレンジパールメタリック✕ブラック
・ラッシュイエローメタリック✕シルバー
・バーニングレッドパールメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・ピュアホワイトパール
・スーパーブラックパール
・スターシルバーメタリック

スポンサーリンク



新型スイフトは、1.0Lターボエンジンが廃止

RStグレードが廃止されていることからも分かるように、1.0Lターボエンジンが廃止されました。


スイフトのパワートイレインは、1.2Lの非ハイブリッド車、1.2Lのマイルドハイブリッド車、1.2Lのハイブリッド車の3種類。


スイフトスポーツのパワートレインは、1.4Lターボ車の1種類です。


【1.2Lエンジン】
最高出力・・・91ps/6000rpm
最大トルク・・・12.0kgf・m/4400rpm


【マイルドハイブリッド車のモーター】
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgf・m


【ハイブリッド車のモーター】
モーター最高出力・・・13.6ps
モーター最大トルク・・・3.1kgf・m



【1.4Lターボエンジン】
最高出力・・・140ps/5500rpm
最大トルク・・・23.4kgf・m/2500-3500rpm




マイルドハイブリッドとハイブリッドの違いは、以下のような部分です。


■モーターアシストについて
【ハイブリッド】
発進・加速時はMGU(駆動用モーター)がエンジン出力にモーター出力を上乗せして、力強い走りを発揮。

【マイルドハイブリッド】
発進・加速時はISG(モーター機能付発電機)がエンジンをアシストし、エンジン出力を抑えます。



■燃費性能について
【ハイブリッド】
モーターアシストに加え、モーターのみでのEV走行が可能となり、23.0km/hという低燃費を達成。


【マイルドハイブリッド】
モーターアシストで21.0km/hという低燃費を達成。


■走行性能について
【ハイブリッド】
AGS(オートギヤシフト)との相乗効果で、俊敏でレスポンスに優れた走りを実現しました。


【マイルドハイブリッド】
CVTとの相乗効果で、スムーズで快適な走りを可能にしました。


https://www.suzuki.co.jp/car/swift/performance_eco/より

スポンサーリンク



新型スイフトは、予防安全装備が大幅充実!

新型スイフトは、予防安全装備が大幅に充実しました。

f:id:totalcar:20200516042659j:plain
出典https://www.suzuki.co.jp


新型になって改良、追加された予防安全装備は、以下のとおりです。


・後退時ブレーキサポート
車両後方に障害物を検知して、衝突回避をサポートする自動ブレーキのことです。


・後方誤発進抑制機能
後方に障害物があるにも関わらずシフトを前進の位置でアクセルペダルを強く踏み込んだ時、エンジン出力を自動的に抑制する機能です。


・アダプティブクルーズコントロール
先行車との距離を適切に保ちながら、自動で加速、減速する機能です。


・ブラインドスポットモニター
隣接車線後方から接近する車両を検知すると、ドアミラーインジケーターが点灯してドライバーに知らせる機能です。

点灯した側にウインカーを操作すると、インジケーターの点滅、ブザーでドライバーに注意を促します。


・リヤクロストラフィックアラート
駐車場などで後退している時、後方左右から接近する車両を検知し、ディスプレイ表示とブザー音でドライバーに注意を促す機能です。


・全方位用モニター
全方位用モニターに、周囲を立体的に確認することができる機能、3Dビューが追加されました。




その他、改良前から搭載されていた機能は、以下のとおりです。


・デュアルセンサーブレーキサポート
前方の車両や歩行者を検知し、衝突のおそれがあると判断すると、警告→ブレーキアシスト→強いブレーキの順で衝突の回避、被害軽減を図る機能です。


・誤発進抑制機能
前方に障害物があるにも関わらずシフトを前進の位置でアクセルペダルを強く踏み込んだ時、エンジン出力を自動的に抑制する機能です。


・車線逸脱警報機能
車線をはみ出しそうになると、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促す機能です。


・車線逸脱抑制機能
車線逸脱の可能性が高いとシステムが判断すると、車線逸脱防止方向へのステアリング操作を促す機能です。


・ふらつき警報機能
車両が蛇行するなど、ふらつきと判断した場合、ブザー音などの警報によってドライバーに注意を促す機能です。


・標識認識機能
進入禁止などの標識を検知し、ディスプレイに表示してドライバーに知らせる機能です。


・アダプティブクルーズコントロール
先行車との距離を適切に保ちながら、自動で加速、減速する機能です。


・ブラインドスポットモニター
隣接車線後方から接近する車両を検知すると、ドアミラーインジケーターが点灯してドライバーに知らせる機能です。

点灯した側にウインカーを操作すると、インジケーターの点滅、ブザーでドライバーに注意を促します。


・リヤクロストラフィックアラート
駐車場などで後退している時、後方左右から接近する車両を検知し、ディスプレイ表示とブザー音でドライバーに注意を促す機能です。


・先行車発進お知らせ機能
前の車が発進しても停車し続けた場合、ブザー音やメーター表示によってドライバーに先行車の発進を知らせる機能です。


・ハイビームアシスト
前方に対向車や先行車がいると自動でロービームに、いなくなると自動でハイビームに切り替える機能です。


その他の装備の変更点

その他の装備の変更点は、以下の3点です。


・フロント2ツイーター&リヤ2スピーカーの6スピーカーを、全車標準装備

・マルチインフォメーションディスプレイにデジタル車速表示を追加

・オートライトシステムを全車に標準装備

スポンサーリンク



新型スイフト、スイフトスポーツの価格は、若干アップ

新型スイフトの価格は、グレードにより、現行型と同程度~6万円アップ程度です。


【新型スイフトの価格】
XG・・・137万7,200円
RS・・・178万2,000円
HYBRID MG・・・163万3,500円
HYBRID RS・・・187万9,900円
HYBRID SZ・・・208万7,800円



【新型スイフトスポーツ】
187万4,400円~


スイフトスポーツハイブリッドが期待されていたが

海外ではスイフトスポーツにハイブリッドが設定されたので、日本でも設定されるのか?と期待されていましたが、残念ながらありませんでした。


海外では、1.4Lターボエンジンのハイブリッドシステムが搭載された、スイフトスポーツハイブリッドが販売されています。



スイフトスポーツハイブリッドの日本発売はあるのでしょうか?まだ情報はなにもありません。


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク