タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【悲報】新型ソリオにも、電動パーキングブレーキは採用されない模様。ルーミーと、新型ソリオの予防安全装備を比較してみよう

スポンサーリンク


以前、新型N-BOXに電動パーキングブレーキが採用されない模様。という悲報を紹介しましたが、もうすぐフルモデルチェンジされる新型ソリオも同様なようで・・・。

www.takeshi-carnews.com

今回は、新型ソリオと、ライバルのトヨタ・ルーミーの予防安全装備に注目して、比較をしてみましょう。

新型ソリオの電動パーキング&ブレーキホールド機能について

まず本題の、新型ソリオの電動パーキング&ブレーキホールド機能について。


こちらはディーラ勤務の知人にも聞いてみたのですが、採用はされないようです。


一応アダプティブクルーズコントロールは0km/hまで対応となり、全車速追従機能付にはなるということです。


ただし、ブレーキホールドが2秒しかできないということで、他のスズキ車(ハスラーやスイフトなど)と同等とのことです。


新型ソリオの予防安全装備はどうなる?

新型ソリオの予防安全装備は、以下のようになります。


・デュアルカメラブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・アダプティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ
・ヘッドアップディスプレイ


トヨタ・ルーミーの予防安全装備と比較してみると?

ライバルのトヨタ・ルーミーの予防安全装備は、以下のようになっています。


・衝突回避支援ブレーキ機能
・衝突警報機能
・車線逸脱警報機能
・路側逸脱警報
・ふらつき警報
・ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前後)
・先行車発進お知らせ機能
・アダプティブドライビングビーム
・サイドビューランプ
・コーナーセンサー
・全車速追従機能付ACC(停止保持機能あり)
・パノラミックビューモニター


違いを見てみると、ソリオには標識認識機能、ヘッドアップディスプレイが搭載されていること。


ルーミーには、クルーズコントロールに停止保持機能がついていること、アダプティブドライビングビーム、サイドビューランプがついている。といった違いがあります。


この中でもやっぱり反応が多いのは、停止保持機能の有無についてで、残念だ。とか、ルーミーにしよう。という声も少なくありません。


スズキ車には電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド機能が搭載されている車がないので、搭載されないかもなあ。とは思っていましたが、やっぱりちょっと残念ですね。


まとめ

ソリオは、燃費や広さといった部分でルーミーよりも優れているのですが、ルーミーにはマイナーチェンジで電動パーキング&ブレーキホールド機能が搭載され、最近では販売台数の差も大きくなってきています。(ルーミーの方が売れている)


フルモデルチェンジでルーミーに勝つためにも、電動パーキング&ブレーキホールド機能を搭載してくるのでは?と期待されていましたが、残念ながらそれはないようで。


もちろん、新型ソリオも、現行モデルよりも広くなる、乗り心地が良くなる、スリムサーキュレーターが採用されるなど、商品力を向上させてくるわけなので、ルーミーに対してどういった優位性を持った車になるのか、注目してみていたいところです。


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク



今回紹介した情報は、あくまでメーカーからの公式情報ではなく、リーク情報や予想情報なので、今回紹介した情報すべてが新型ソリオに反映されるわけではないかもしれませんが、正式に発表されるまで、色々と想像してみるのも楽しみのひとつですよね♪


新型ソリオに関しては、これからも情報収集をつづけていきます。