タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

SKYACITV-Xエンジンが改良で、パワーアップ!スペックはどうなった?最高出力(馬力)、最大トルクについて。アップデート対応も!?

スポンサーリンク


マツダ自慢のガソリンエンジン、SKYACITV-Xエンジンが改良されています。


SKYACITV-Xエンジン
f:id:totalcar:20201109160039j:plain
出典https://blog.mazda.com


今回は、Spilit 1.1と呼ばれる新型SKYACITV-Xエンジンはどう変わったのか?スペックや、今後の展開をみてみましょう。

新型SKYACTIV-Xエンジンは、どれくらいパワーアップする?

さて、新型SKYACITV-Xエンジンのスペックですが、以下のようになっています。


最高出力・・・190ps/6000rpm
最大トルク・・・24.5kgf・m/2100rpm


これまでのスペックは以下のとおりでしたから、最高出力、最大トルクともにアップしています。

最高出力→190ps/6000rpm
最大トルク→24.5kgf・m/2100rpm



SKYACTIV-Xエンジンは、もともと最高出力190ps程度になるのではないかと言われていましたが、蓋を開けてみると180psにとどまっていました。


おそらく、信頼性等の関係でいきなり190psを出すことは控えたのでしょうが、これで、本来の性能を発揮できるようになったということです。


すでに試乗会が開催されており、その違いがレビューされています。
www.youtube.com


まずは、マツダ3、CX-30から改良か

マツダは毎年商品改良を実施して、最新の技術を投入していく方針を取っていますから、まずは、すでにSKYACITV-Xエンジンが搭載されているマツダ3、CX-30の改良の際にこの新型エンジンが搭載されるとみられています。


どちらも、2021年の前半には搭載されるのではないかといわれています。


また、パワーアップによって、より車重のある車に対応できるようになったということで、マツダ6、CX-5等にも、今後は投入されるといわれています。(おそらく、こちらは2022年以降になるかと)


さすがに、CX-8には搭載されないのか?今のところ、CX-8に投入されるという話はありません。


すでに販売された車にも、アップデート対応か

今回のSKYACITV-X Spilit 1.1エンジンは、ハードの部分は変わっておらず、ソフトウェアの対応でパワーアップを実現しているということです。



まだ正式発表はありませんが、すでに販売されたマツダ3、CX-30のSKYACITV-Xエンジン搭載モデルも、Spilit 1.1にアップデート対応をする?との情報もあります。


すでに購入したユーザーにもアップデート対応をすれば、しまった!待てばよかった!ということにもならないので、アップデート対応にも期待したいところです。

www.youtube.com


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク