タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【新型 RVR マイナーチェンジ 2019年】発売日、デザイン(内装 外装)、価格、エンジン、燃費など、最新情報まとめ

2010年から販売されており、そろそろ10年経過する現行RVRですが、2019年にフルモデルチェンジではなく、マイナーチェンジされるという情報が入っています。

新型RVRは、ダイナミックシールドデザインが採用され、フロントマスクのイメージが大きく変わります。


今回は、新型RVRのマイナーチェンジに関するリーク情報、予想情報など、最新情報を紹介します。

新型RVRに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。

新型RVRのデザイン

三菱自動車は、新型RVR(海外名ASX)のデザインを、ジュネーブモーターショーで公開しました。


三菱の車のデザインといえば「ダイナミックシールド」デザインですが、現行RVRはモデルが古いこともあり、メッキパーツによってダイナミックシールドっぽいデザインにななっていますが、ちょっと無理矢理感がある感じでした。


今回のマイナーチェンジで、ようやくRVRにもしっかりとしたダイナミックシールドデザインが採用されます。


新型RVRのエクステリア
新型RVR エクステリア

新型RVR エクステリア

新型RVR エクステリア
出典https://www.motor1.com


現行RVRのエクステリア
f:id:totalcar:20190410161535j:plain

f:id:totalcar:20190410161548j:plain
出典https://www.mitsubishi-motors.co.jp



新型RVRのダイナミックシールドデザインは、デリカD5ほどの鋭い目つきではなく、どちらかというとアウトランダーに近いデザインとなっています。

リヤのブレーキランプはT字型に光るようになっています。ボルボっぽい印象も受けます。

フロントバンパー、リヤバンパーの下部にはスキッドプレートが追加され、デザイン上の力強さを表現するだけでなく、悪路を走行する時にキズがつきにくいなどのメリットを発揮します。


新型RVRのインテリア
新型RVR インテリア
出典https://www.motor1.com


現行RVRのインテリア
f:id:totalcar:20190410161649j:plain
出典https://www.motor1.com


インテリアは、それほど大きく変わっているわけではありませんが、ナビゲーションのディスプレイが少し大きくなっています。(純正ナビゲーションは、7インチから8インチに変わります。)

それにともなって、中央のエアコン吹出口が少し小さくなっています。


さらに、グレードにもよりますが、アルミペダルが採用されています。


新型RVRが、動画でも紹介されています。

www.youtube.com

www.youtube.com


新型RVRのボディカラー

新型RVRには、新色が3色用意されています。

・レッドダイヤモンド

・サンシャインオレンジ

・オークブラウン


上で紹介した画像が、レッドダイヤモンドです。


新型RVRの発売日

新型RVRの発売日は、2019年8月中になるとみられています。


ちなみに、RVRは2020年ごろにはフルモデルチェンジされるはずなのですが、こちらは開発が少し遅れているとの情報もあるので、もう少し遅くなるかもしれません。

2019年にわざわざマイナーチェンジするということは、フルモデルチェンジはもう少し後になりそうです。


新型RVRのボディサイズ

新型RVRはマイナーチェンジなので、ボディサイズはほぼ変わりません。

ただ、フロントにダイナミックシールドデザインが採用される関係で、全長が5mm長くなると聞いています。

全長が5mm長くなれば、全長4,370mm×全幅1,770mm×全高1,630mmということになります。


三菱からは、2018年にエクリプスクロスというSUVが発売されており、RVRの影が薄くなっていますが、RVRはエクリプスクロスよりも少しだけサイズが小さい車です。

エクリプスクロスのボディサイズは、全長4,405mm×全幅1,805mm×全高1,685mmです。


エクリプスクロスが発売されてもRVRが継続販売されることは前々から言われていたのですが、元々シェアの低い日本市場で上手に棲み分けができるのか、少し疑問は残ります。


こちらのページでは、国産SUV全車種のサイズを比較しています。

RVRのサイズは同クラスのSUVと比べてどうなのか?また、一回り大きい車と比べるとどれくらいサイズが違うのか?といったことを比較することができます。

cartakeshi.hatenablog.com


新型RVRのパワートレイン

新型RVRのパワートレインは、現行と同じく1.8Lガソリンエンジンのみで、変わりません。

【1.8Lガソリンエンジン】
最高出力・・・139ps/6000rpm
最大トルク・・・17.5kgm/4200rpm


海外向けには2.0Lガソリンエンジンも追加されましたが、これは日本には導入されないと聞いています。


パワートレインは、正直面白みがないというか、特に注目すべき点はありません。


ちなみに、エクリプスクロスの方には1.5Lターボエンジンが搭載されています。

【1.5Lターボエンジン】
最高出力・・・150ps/5500rpm
最大トルク・・・24.5kgm/2000-3500rpm

こちらの方が最高出力、最大トルクともに高く、低回転から最大トルクを発揮できるので、パワー感はかなり上です。


新型RVRの燃費

新型RVRは、パワートレインがそのままなので、燃費も特に変わりません。


今回、パワートレインが刷新されるわけではないので、カタログ燃費はJC08モード燃費のままで、15.4km/Lということになります。(4WDは14.8km/L)

他社のコンパクトSUVの非ハイブリッドモデルの燃費は、C-HRが16.4km/L、ヴェゼルが21.2km/L


また、同じく三菱のエクリプスクロスのエンジンはパワフルにもかかわらず15.0km/Lとさほど変わらないので、新型RVRは燃費の面での優位性は特にありません。


新型RVRの予防安全性能

新型RVRには、「e-Assist」という予防安全機能が搭載されます。


e-Assistの機能を紹介します。


・衝突被害軽減ブレーキシステム
前方車両に対しては5km/h以上で。歩行者に対しては5km/h~65km/h以上で作動する自動ブレーキ機能です


・車線逸脱警報システム
車線を逸脱しそうになった時に警報でドライバーに注意を促すシステムです。

60km/h以上で作動し、ステアリング操作を支援する機能はありません。


・レーダークルーズコントロールシステム
先行車に追従し、アクセル、ブレーキ操作を自動で行ってくれる機能です。

最近のものは停止まで対応しているので、新型RVRも停止まで対応する全車速対応型になるでしょう。


・後側方車両検知警報システム
死角になりやすい斜め後方から接近してくる車が存在する場合、ドアミラーのインジケーターで警告してくれる機能です。

さらに、斜め後方から接近してくる車がいるにもかかわらずウインカーを出した場合、ブザーでより強く警告します。


・オートマチックハイビーム
周囲の明るさや対向車を検知し、自動的にハイビームとロービームを切り替えてくれる機能です。


・後退時車両検知警報システム
後退中、後方を横切る車を検知した場合に警告してくれる機能です。


・誤発進抑制機能
停車中~10km/hで遡行中、進行方向に障害物があるにもかかわらずアクセルペダルを強く踏み込んだ場合、エンジン出力を抑えてくれる機能です。



現行RVRにも、レーダークルーズコントロールシステムと誤発進抑制機能以外は搭載されています。(前車に追従しない普通のクルーズコントロールは、現行型にもあります。)


新型RVRの価格

新型RVRの価格は、現行型とほぼ同じになるだろう。と聞いています。


現行型の価格は、210万円~254万円です。

M・・・2WD 2,104,920円、4WD 2,341,440円

G・・・2WD 2,304,720円、4WD 2,541,240円


エクリプスクロスとどっちを選ぶか

正直、より設計のあたらしいエクリプスクロスがある中で、価格を除けばフロントマスクのデザインが変わっただけのRVRを積極的に選択する理由は乏しいと感じます。

エクリプスクロスの方が、パワフルなターボエンジンを搭載していて、かつ燃費はほとんど変わりません。



RVRのフルモデルチェンジもそう遠くはないはずなので、自分だったら、エクリプスクロスを選択するか、フルモデルチェンジを待つかなあ。と思います。

サイズもそれほど変わらないので、あえてRVRを選ぶとしたら、全幅が1,800mmを超えているエクリプスクロスはちょっとキツい。という場合くらいでしょうか。

あとは、エクリプスクロスはクーペスタイルなので、後部座席の開放感はRVRの方が良いです。


価格は、RVRが210万円~であるのに対し、エクリプスクロスは253万円~と、結構な開きがあります。



今回紹介した情報はリーク情報や予想情報なので、今回紹介した情報すべてが新型RVRに反映されるわけではないかもしれませんが、デザインは確定情報で、e-Assistの搭載やパワートレインあたりの情報は信憑性が高いかと思います。

正式に発表されるまで、色々と想像してみるのも楽しみのひとつですよね♪


新型RVRに関しては、これからも情報収集を続けていきます。