タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【ライズ グレード 比較/違い/見分け方/価格/おすすめ】エクステリア、インテリア、フルオートエアコン、アルミホイールの違いなど

クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪


下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。

高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

ライズには、「X」「X S」「G」「Z」という4つのグレードが設定されています。


それぞれのグレードで装備や見た目が違うわけですが、どう違うのかが分からないと、自分に合ったグレードを選ぼうにも選べませんよね。


そこで今回は、ワゴンR、ワゴンRスティングレーの各グレードの装備の違い、見分け方、グレードの選び方、おすすめを紹介します。

ライズのグレード構成を知っておこう

ライズのグレードは、下から順に、「X」「X S」「G」「Z」の4グレードです。


パワートレインは全て1.0Lのターボエンジンのみ。


駆動方式は、全グレードにFFと4WDが設定されています。


価格は、以下のとおりです。(FF車)

X・・・167万9,000円
X S・・・174万5,000円
G・・・189万5,000円
Z・・・206万円


各グレードの装備の違い

それでは、それぞれのグレードの装備を確認しましょう。

Xグレード

・16インチインチスチールホイール+ホイールキャップ
・UVカット機能付ガラス(フロント3面)
・LEDヘッドランプ
・カラードアウトサイドドアハンドル
・ブラックバックドアガーニッシュ
・2眼メーター
・マニュアルエアコン
・ウレタンステアリング
・シングルステッチシフトレバー
・ファブリックシート
・ブラックセンターコンソール
・2スピーカー
・充電用USB端子
・スマートキー


X Sグレード

X SグレードとXグレードの違いは、スマートアシストがついているか否かだけです。


X SのSは、スマートアシストのSです。


・スマートアシスト
・16インチインチスチールホイール+ホイールキャップ
・UVカット機能付ガラス(フロント3面)
・LEDヘッドランプ
・カラードアウトサイドドアハンドル
・ブラックバックドアガーニッシュ
・2眼メーター
・マニュアルエアコン
・ウレタンステアリング
・シングルステッチシフトレバー
・ファブリックシート
・ブラックセンターコンソール
・2スピーカー
・充電用USB端子
・スマートキー


Gグレード

・スマートアシスト
・16インチインチアルミホイール
・UV&IRカット機能付ガラス(フロント3面)
・LEDヘッドランプ
・カラードアウトサイドドアハンドル
・ブラックバックドアガーニッシュ(艶あり黒塗装)
・LEDデジタルスピードメーター
・オートエアコン
・シルバー塗装付ウレタンステアリング
・シングルステッチシフトレバー
・ファブリックシート(レッドパイピング入)
・ブラックセンターコンソール
・6スピーカー
・充電用USB端子
・スマートキー


Gグレードは、アルミホイールの他、バックドアガーニッシュ、シート、ステアリングに加飾が入り、少し質感が高くなっています。


スピーカーは6個になり、LEDデジタルスピードメーターが採用されています。


Zグレード

・スマートアシスト
・17インチインチアルミホイール
・UV&IRカット機能付ガラス(フロント3面)
・LEDヘッドランプ
・LEDフロントフォグランプ
・LEDフロントシーケンシャルターンランプ
・シルバーメッキアウトサイドドアハンドル
・ブラックバックドアガーニッシュ(艶あり黒塗装)
・LEDデジタルスピードメーター
・オートエアコン
・本革巻きステアリング
・本革巻きシフトレバー
・ファブリックシート(レッドパイピング入)
・ブラックセンターコンソール
・6スピーカー
・充電用USB端子
・スマートキー


最上級グレード、Zグレードには、17インチのアルミホイール、シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)、本革巻きステアリング、シフトノブが採用されます。


スマートアシストの機能も充実し、アダプティブ・クルーズ・コントロール、サイドビューランプ、レーンキープコントロールがつきます。


各グレードの見分け方

ライズ各グレードの見分け方を紹介します。

Xグレードの見分け方

f:id:totalcar:20200417130354j:plain
出典https://toyota.jp

スチールホイールにホイールキャップがついていて、フロントガラス上部にスマートアシスト用のセンサーがついていないものが、Xグレードです。


X Sグレードの見分け方

f:id:totalcar:20200417130455j:plain
出典https://toyota.jp

スチールホイールにホイールキャップがついていて、フロントガラス上部にスマートアシスト用のセンサーがついているものが、X Sグレードです。


Gグレードの見分け方

f:id:totalcar:20200417130531j:plain
出典https://toyota.jp

アルミホイールで、ホイールの色がシルバー単色なのが、Gグレードです。


Zグレードの見分け方

f:id:totalcar:20200417130559j:plain
出典https://toyota.jp

アルミホイールで、ホイールの色がシルバーとブラックの2色なのが、Zグレードです。



ライズ各グレードの見分け方は、ホイールと、フロントガラス上部のセンサーの有無を見るだけで見分けることができます。


オプションで他のグレード用のホイールが選択できるということもないので、まぎらわしくありません。


目的別おすすめグレード

Xグレード、X Sグレードがおすすめの人

快適装備は最小限で良いという人。ホイールなどは自分の好きな社外品をつけたい。という人におすすめのグレードです。


Xグレード、X Sグレードに、オプションでフォグランプをつけて、社外のアルミホイールを履かせたら、他のグレードと見た目はそれほど変わらなくなります。


Gグレードがおすすめの人

さすがにエアコンはオートエアコンが良い。という人。


インテリアに少し華やかさが欲しい。という人。

装備の項目でも紹介しましたが、インテリアは、XとGでは加飾の量が全然違い、結構印象が違います。


社外品のホイールをつけたい。という人におすすめのグレードです。


Gグレードに社外のホイールをつけると、見た目はZグレードとほとんど変わりません。


Zグレードがおすすめの人

長距離運転をする人。


アダプティブクルーズコントロールやレーンキープコントロールは、Zグレードにしかついておらず、それ以外のグレードにはオプションでつけることもできません。


装備の違いを知って、自分に合ったグレード選びをしたいですね♪


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。


ライズの納期や値引き目標に関しては、こちらで詳しく解説されています。

kurucomi.hatenablog.com


ライズの長所、欠点は、こちらで詳しく解説されています。

kurucomi.hatenablog.com