タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【プロパイロット2.0】いつ出る?そもそも、プロパイロットとは?機能、性能を解説。一般道でも使えるのか?使った感想、動画を紹介。

※2019年5月16日更新
日産から、プロパイロット2.0が正式に発表されたので、プロパイロット2.0の項目を更新しました。



日産の同一車線自動運転機能、「プロパイロット」

最近では、軽自動車のデイズにも搭載されました。


プロパイロットはどういった条件で使うことができるのか。一般道でも使えるのか?など、気になっている方も多いかと思います。


今回は、プロパイロットの機能や性能、一般道ではどれくらい使えるのか。プロパイロット2.0にはいつ進化するのか?といった情報を紹介します。

プロパイロットとは

f:id:totalcar:20190425144644p:plain
出典https://www3.nissan.co.jp


プロパイロットとは、高速道路の同一車線上での自動運転機能です。

高速道路で、車線変更をせずに一つの車線を走っている限り、ステアリングと、アクセル・ブレーキが自動で操作されます。



2019年1月から、自動車公正取引協議会のガイドラインにより、「自動ブレーキ」「自動運転」といったフレーズを広告で使うことが禁止されたので、現在は公式サイトや広告では「自動運転」というフレーズは使われていません。



プロパイロットの機能を分解すると、「インテリジェントクルーズコントロール」「ハンドル支援機能」の二つに分けることができます。

それぞれの機能、動作条件を詳しく説明しましょう。

インテリジェントクルーズコントロール

・先行車を検出しているとき
運転者がセットした車速(約30~100km/h)を上限に、車速に応じた車間距離を保つように車間制御を行い走行します。


・先行車が停止したとき
先行車に続いて自車も停止します。一度停止すると、インテリジェントクルーズコントロールは停止した状態を保持します。


・先行車が発進したとき
インテリジェントクルーズコントロールで停止状態を保持しているときに先行車が発進したときは、RES+スイッチを押すか、アクセルペダルを踏むと停止状態は解除され、再びインテリジェントクルーズコントロールによる追従走行を開始します。


先行車の動きにあわせて、上記のように作動します。


先行車が停止→発進した時は、自分でRES+スイッチを押すか、アクセルペダルを踏まないと発進しません。


また、先行車を検出している時は停止まで自動でしてくれますが、先行車がいない場合は25km/h以下になると自動で解除されるので、注意が必要です。

ハンドル支援機能

ハンドル支援機能は、車線中央付近を走行するようにステアリングを制御し、運転者のハンドル操作を支援してくれる機能です。


ただし、作動には色々と条件があります。

・インテリジェントクルーズコントロール機能を使用しているとき
・両側の車線を検出できているとき
・50km/h以下で走行中は、先行車を検出しているとき
・運転者がハンドルを持っているとき
・車線の中央を走行しているとき


なおかつ、

・方向指示器(ウインカー)が作動していないとき
・ワイパーが低速で作動していないとき

に作動します。



この二つの機能を組み合わせによって、車線変更を伴わない状況下において自動運転を実現しているというわけです。


プロパイロット搭載車種

プロパイロットは、2019年4月現在、4車種に搭載されています。


・セレナ
・エクストレイル
・リーフ
・デイズ


また、デイズの兄弟車である、三菱ekワゴン、ekクロスにもMI-PYLOTという名前で同じ機能が搭載されています。


プロパイロットの価格

プロパイロットはオプションで設定されていますが、車種によって他のオプションと抱き合わせになっており、オプション価格が違います。

セレナ(243,000円)

セレナでは、「セーフティパックB」というオプションにプロパイロットが含まれています。


セーフティパックBは、以下のオプションのパッケージです。

・SRSカーテンエアバッグシステム&サイドエアバッグシステム
・踏み間違い衝突防止アシスト
・インテリジェントパーキングアシスト
・標識検知機能
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・フロント&バックソナー
・インテリジェントルームミラー
・電動パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド
・プロパイロット
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・ヒーター付ドアミラー
・ステアリングスイッチ

エクストレイル(131,760円)

エクストレイルでは、「プロパイロット」というオプションにプロパイロットが含まれています。


オプション名は「プロパイロット」ですが、プロパイロット以外にもいくつかの機能がセットになっています。

・プロパイロット
・ステアリングスイッチ
・電動パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド
・インテリジェントLI(車線逸脱防止視線システム)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)

リーフ(77,760円)

リーフでは、「プロパイロット」というオプションにプロパイロットが含まれています。


・プロパイロット
・ステアリングスイッチ
・RCTA(後退時車両検知警報)
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)

デイズ(86,400円)

デイズでは、「セットパッケージ」としてプロパイロットを含むオプションが設定されています。


・インテリジェントアラウンドビューモニター
・ステアリングスイッチ
・電動パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド
・プロパイロット



プロパイロット追加するためにかかる費用は、車種によって大きく違うということが分かるかと思います。

セレナでは、プロパイロット以外にも色々な機能が抱き合わせになっていて、24万円もします。

今後、改良の機会などにオプションが見直されることに期待したいですね。


高速道路では、かなり使える

プロパイロットは、高速道路の走行車線を走っている分には本当に自動運転という感じで、何もすることがありません。


ただ、本当に楽なので、かなり気が抜けてしまい、万が一正常に動作しなかった時が怖いな。とも感じました。

最初のうちは、本当に大丈夫かな?とちょっと緊張しながら使っていましたが、1時間も使っていれば安心しきってしまうことでしょう。


プロパイロットでは最終的な責任は運転者にあり、万が一正常に動作しなかった時は、運転者が介入することが求められます。


もちろん、運転を楽にするための機能ですから、楽をしていれば良いんでしょうけど、どこまで気を抜いて良いのか、ある程度自分をコントロールしていないと、いざという時が怖いですね。


高速道路で使っている動画

プロパイロットを高速道路で使っている動画をいくつか紹介します。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com


プロパイロットは、一般道でも結構使える

プロパイロットは、一般道でもある程度大きなバイパスなら結構使えます。


日産は、プロパイロットは高速道路で使うものとして、一般道で使うことは推奨していません。



一般道でプロパイロットの使用が推奨されていないのは、以下のような理由からです。


・信号がある
プロパイロットは信号の色は認識しないので、赤信号では自分でブレーキを踏んで止まらなければなりません。



・車線が消えているところがある
プロパイロットのハンドル支援機能は、車線を検知して動作するため、車線が消えているようなところでは、うまく車線中央を走ることができません。(先行車がいる場合は、ある程度走れます)



・歩行者や自転車の存在
一般道では、歩行者や自転車が車道の端を走っていたりすることがあります。また、路上駐車などもあります。

そのため、常に車線の中央を走っていれば良い。というわけではありません。



ただ、私も少し試したことがありますが、一般道でも、比較的信号が少なく、車線がしっかりと引かれている、交通量が多く先行車を検知しやすく、歩行者が自転車が縦横無尽に走っていない、大きなバイパスなどでは結構使えます。


プロパイロットに任せてボーッとしていると、赤信号をスルーしてしまうなんていうことになりかねないので、一般道でプロパイロットを使う時は、高速道路で使う時以上に注意をしなければなりません。


一般道で使っている動画

今、日産のディーラーでは、一般道ではプロパイロットを試させてくれません。


レンタカーを借りるか、友人の車を借りるかしないとなかなか試すことができないので、一般道でプロパイロットを使用している動画をいくつか紹介します。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com


一般道でプロパイロットを使用することに関しては賛否両論ありますが、一般道にしても高速道路にしても最終的な責任は運転者にあるわけなので、しっかり注意するところは注意していれば、十分に使える機能かと思います。


プロパイロットと他社の運転支援機能を比較

プロパイロットは、「インテリジェントクルーズコントロール」と「ハンドル支援機能」の組み合わせだということを、先に紹介しました。


こういったクルーズコントロール機能と、ステアリング操作支援機能は、日産以外にも採用しているメーカーはあります。


スバルなら、「アイサイトツーリングアシスト」

ホンダなら、ホンダセンシングの「アダプティブクルーズコントロール」「LKAS(車線維持支援システム)」

トヨタなら、新型トヨタセーフティセンスの「レーダークルーズコントロール」「レーントレーシングアシスト」


名前こそ違うものの、似たような機能です。



私が乗った感じでは、精度はプロパイロット=アイサイトツーリングアシスト>新型トヨタセーフティセンス>ホンダセンシングの順番に高いと感じました。


機能としては似ているものの、プロパイロットは「同一車線自動運転機能」と謳っている(今は謳っていませんが)だけに、やはり他社のそれよりも精度は高いようです。


プロパイロット2.0は、いつ出るのか?

さて、現行のプロパイロットは、車線変更はすることができない「プロパイロット1.0」と呼ばれるものです。


車線変更ができる「プロパイロット2.0」は、いつ出るのでしょうか?



日産は、2019年秋から、プロパイロットを展開すると発表しました。

第一弾はスカイラインからということも発表されています。



プロパイロット2.0の機能は、以下の5つです。



・車速車間制御機能
先行車両との車間距離を一定に保ちながら、車線中央を走行するように支援します。



・車線中央維持機能
車線中央付近を走行するようにステアリングを制御します。



・追い越し支援機能
前方に遅い車両が走行している時、システムが追い越し可能と判断した場合、ドライバーに車線変更を提案します。

ドライバーが承認すると、自動で車線変更し、追い越しが完了すると自動で元の車線に戻ります。



・車線変更支援機能
ドライバーが方向指示器を操作すると、システムが車線変更可能か判断し、可能であれば自動で車線変更をします。



・ルート走行支援機能
ナビに連動して、高速道路の出口側の車線に車線変更を促します。



車速車間制御機能、車線中央維持機能は、インテリジェントクルーズコントロール、ハンドル支援機能から名前こそ変わっているものの、従来のプロパイロットから引き継がれている機能です。


追い越し支援機能、車線変更支援機能、ルート走行支援機能は、プロパイロット2.0から新しく搭載された機能です。



プロパイロット2.0のCM動画
www.youtube.com





日産は、かつてこういった計画を発表していました。

プロパイロット2.0
出典https://www.nissan-global.com


これによると、

2018年には、高速道路での車線変更を自動で行う、複数車線での自動運転の実現

2020年には、交差点を含む一般道での自動運転の実現

2022年には、完全自動運転を実現

するはずでした。


2019年秋に複数車線での自動運転が実現することになるので、計画よりも1年遅れで進んでいるようです。



現行のプロパイロットでは、単眼カメラのみを使っていますが、プロパイロット2.0は、7個のカメラ、5個のレーダー、12個のソナーを使います。


現行のプロパイロットよりも相当コストがかかるはずなので、当面は軽自動車やコンパクトカーには採用されないのではないかと聞いています。