まだまだ出るぞ!新型ノート、オーテックと、4WDが追加!デザイン、装備、モータースペック、価格はどうなる?オーテック✕4WDも

コンパクトカーの常識を打ち破った!と高い評価を受けている、新型ノートe-POWER。f:id:totalcar:20201229094540j:plain


12月23日には、FFモデルのみが発売されましたが、今後、オーテックや、4WDなど、さらにラインナップが充実します。


今回は、新型ノートオーテックと、新型ノート4WDの発売日、デザイン、装備、スペック、価格などについて紹介します。


新型ノートオーテック、新型ノート4WDに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。

新型ノートオーテックについて

新型ノートオーテックの発売日は、2020年度中

新型ノートオーテックの発売日は、2020年度中(2021年3月まで)を予定している。と日産から正式に発表されています。


新型ノートオーテックのデザインは、上質がコンセプト

新型ノートオーテックのデザインは、スポーティーかつ上質です。


f:id:totalcar:20201229091951j:plain

f:id:totalcar:20201229092002j:plain

f:id:totalcar:20201229092020j:plain
出典https://global.nissannews.com


新型ノートのデザインは、オーテックでないものでもコンパクトカーにしては上質な方だと思いますが、シルバーメッキなどによって、より上質に仕上げられています。


新型ノートオーテックの専用装備

新型ノートオーテックの専用装備は、以下のとおりです。


・AUTECH専用エクステリア
フロントグリル
グリルフィニッシャー(ダーククローム)
フロントプロテクター(メタル調フィニッシュ)
サイドシルフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)
リヤプロテクター(メタル調フィニッシュ)
AUTECHエンブレム(フロント、リヤ)

・専用シグネチャーLED

・専用サイドターンランプ付電動カラードドアミラー(メタル調フィニッシュ)

・専用16インチアルミホイール(切削光輝)

・LEDヘッドランプ

・アダプティブLEDヘッドライトシステム

・LEDフォグランプ

・AUTECH専用インテリア
ブルー/ブラックコンビレザレットシート
ダークウッド調フィニッシャー
合皮アームレスト(ブルーステッチ)
フロントセンターアームレスト
リヤセンターアームレスト

・専用本革巻ステアリング

・AUTECHエンブレム(センターコンソール)


新型ノートオーテックのカラーは、全8色

新型ノートオーテックのカラーは、全8色です。ツートンカラーも設定されています。


【モノトーン】
・オーロラフレアブルーパール
・ミッドナイトブラック
・ピュアホワイトパール
・ダークメタルグレー
・ガーネットレッド
・プレミアムホライズンオレンジ


【ツートンカラー】
・オーロラフレアブルーパール✕スーパーブラック
・ピュアホワイトパール✕スーパーブラック


新型ノートオーテックのサイズは、若干長く

新型ノートオーテックは、Xグレードがベースなのですが、Xグレードよりも全長が若干長くなっています。


【新型ノートオーテックのサイズ】
全長4,080mm✕全幅1,695mm✕全高1,520mm


Xグレードの全長は4,055mmなので、35mm延長されています。全幅は、5ナンバーサイズを守っています。


新型ノートオーテックの価格は、31万円高

新型ノートオーテックの価格は、Xグレードよりも31万7,900円高いです。


【新型ノートオーテックの価格】
FF・・・250万4,700円
4WD・・・276万3,200円


ベースとなるXグレードではオプションとなっている、LEDヘッドランプとアルミホイールが標準装備になっています。


この2つだけでも20万円分はあるので、その他の部分での価格差は15万円ほどでしょうか。


新型ノート4WDについて

新型ノート4WDの発売日も、2020年度中

新型ノート4WDの発売日も、2020年度中を予定している。と日産から正式に発表されています。


おそらく、オーテックと同時に発売されるとみられています。


新型ノート4WDのモーターは、とてもパワフル

新型ノートの4WDモデルに搭載される後輪モーターは、とてもパワフルなものです。


【リヤモーターのスペック】
最高出力・・・68ps
最大トルク・・・10.2kgf・m


先代ノートe-POWERの4WDモデルに搭載されていた後輪モーターは、最高出力4.8ps、最大トルク1.5kgf・mでしかなかったので、大幅にパワーアップしています。


先代ノートe-POWERの4WDモデルは、ある程度平坦な雪道ではそれなりに安定してはしれたのですが、ハマってしまった時の脱出力は、どうしても不足していました。


新型の4WDでは、後輪にパワフルなモーターが採用されていることで、脱出力もアップしていることでしょう。


また、フロントモーターとリヤモーターの出力を合わせれば、全体の出力は1.5倍にもなるので、ドライ路面でもFFモデルより力強い走りが実現されていることでしょう。


新型ノート4WDの価格は、25万円高

新型ノート、4WDモデルの価格は、FFよりも25万8,500円高いです。


【新型ノートe-POWERの価格】
FF
S・・・202万9,500円
F・・・205万4,800円
X・・・218万6,800円


4WD
S・・・228万8,000円
X・・・244万5,300円


4WDには、Fグレードは設定されません。


一般的なFFと4WDの価格差よりも大きいですが、大出力のモーターを搭載していることで、安定感がどれだけ増しているのか、また、ドライ路面でも力強さを感じることができるのか。に注目ですね。


まとめ

何かと話題となっている新型ノートe-POWERですが、今回紹介したオーテックと4WDの他にも、ノートオーラという3ナンバーの上級モデルや、NISMOが設定されるという情報も出てきています。


新型ノートにかける日産の想いは並々ならぬもので、間違いなく今後の日産の柱となることでしょう。


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。