タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【悲報】新型N-BOX、マイナーチェンジでも、電動パーキングブレーキの採用はない模様。N-BOX、タント、スペーシア、ルークス、ACCの性能を比較

スポンサーリンク


当ブログでは、ホンダ、N-BOXが2020年12月にもマイナーチェンジされるとの情報をお伝えしていますが、

www.takeshi-carnews.com

その中でも、電動パーキングブレーキの採用がされないことで、アダプティブクルーズコントロール(ACC)の性能が低いまま。であることを残念がる声を多くいただいています。


ネット上でも電動パーキングブレーキの採用を期待していた人がかなり多かったようですが、どうやら今回のマイナーチェンジでは採用されないみたいなのです。


今回は、N-BOXのアダプティブクルーズコントロール(ACC)の性能はライバル車と比べてどうなのか、ライバル車との比較をしてみましょう。


N-BOX
f:id:totalcar:20200622012807j:plain
出典https://www.honda.co.jp

N-BOXのACCの性能

さきほども紹介したように、N-BOXには、電動パーキングブレーキは採用されていません。


アダプティブクルーズコントロールは30km/h以上のみで作動するタイプで、30km/h以下になると解除されてしまいます。


30km/h以上で流れている時だけ使える機能です。


タントのACCの性能

タントにも、電動パーキングブレーキは採用されていません。


しかし、アダプティブクルーズコントロールは全車速対応型で、自動で停止まですることができます。


ただし、停止を保持することができる時間は2秒間で、2秒経過後、ブレーキは解除されます。


スペーシアのACCの性能

スペーシアにも、電動パーキングブレーキは採用されていません。


しかし、アダプティブクルーズコントロールは全車速対応型で、自動で停止まですることができます。


ただし、停止を保持することができる時間は2秒間で、2秒経過後、ブレーキは解除されます。


ルークスのACCの性能

ルークスには、電動パーキングブレーキが採用されています。


アダプティブクルーズコントロール(ルークスではプロパイロットの機能の一部)は全車速対応型で、自動で停止することができます。


停止後も停止状態を保持することができ、先行車が発進した場合は、ボタンを押すだけで、アクセル、ブレーキを踏まなくても追従走行を再開します。


N-BOXのACCの性能は低い

このように、N-BOXのACCの性能は、電動パーキングブレーキを採用しているルークスだけでなく、タントやスペーシアよりも低いのが現状です。


だからこそ、マイナーチェンジで電動パーキングブレーキが採用され、ACCの性能向上に期待がされていたのですが、残念ながらそれは実現しないようです。


ロングドライブに新型N-BOXを。と考えていた方にとっては、【悲報】ですね。


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


今回紹介した情報は、あくまでメーカーからの公式情報ではなく、リーク情報や予想情報なので、今回紹介した情報すべてが新型N-BOXに反映されるわけではないかもしれませんが、正式に発表されるまで、色々と想像してみるのも楽しみのひとつですよね♪


新型N-BOXに関しては、これからも情報収集をつづけていきます。