タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【新型 ムーヴキャンバス マイナーチェンジ(一部改良)2020】ターボの追加はなさそう。スマートアシストが進化?価格はどれくらい上がるのか。最新情報まとめ

スポンサーリンク


ムーヴキャンバスが、マイナーチェンジで、新色の追加、次世代スマートアシストの採用などが実施されるといわれています。


今回は、新型ムーヴキャンバスの発売時期、デザイン、パワートレイン、スマートアシストの機能、価格などについて紹介します。


新型ムーヴキャンバスに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。


ネット上には色々な情報が出回っていますが、ネット上の情報を、関係者の知人にも確認しながら、信ぴょう性が高いと思われる情報をピックアップして紹介します。


デザインの変更があるかないかがまだ不明なので、マイナーチェンジなのか、一部改良なのかはっきりしませんが、とりあえずマイナーチェンジという表現ですすめていきます。

ムーヴキャンバスのマイナーチェンジは、2020年末ごろか

ムーヴキャンバスのマイナーチェンジ時期は、2020年末ごろという情報が有力です。


新型ムーヴキャンバスには、次世代スマートアシスト採用か

新型ムーヴキャンバスには、タントやロッキーに搭載されている、次世代スマートアシストが採用されるといわれています。



次世代スマートアシストの機能は、以下のとおりです。

・衝突警報機能
前方の車両、歩行者を検知し、衝突の危険があると判断した場合、警報する機能です。



・衝突回避支援ブレーキ機能
前方の車両、歩行者を検知し、衝突の危険があると判断した場合、自動でブレーキをかける機能です。

作動速度に上限はありませんが、速度差が30-80km/h(歩行者の場合は30-50km/h)の場合に作動します。



・車線逸脱警報機能
60km/h以上で走行中、車線を逸脱しそうになると、警報で知らせる機能です。



・車線逸脱抑制制御機能
60km/h以上で走行中、車線をはみ出しそうになると、車線内に戻すようにハンドル操作をアシストする機能です。



・オートハイビーム
明るさ、先行車、対向車を検知し、ハイビーム、ロービームを自動で切り替える機能です。



・アダプティブドライビングビーム
ハイビームで走行中、対向車を検知すると、部分的に遮光する機能です。



・標識認識機能
進入禁止の標識を認識し、知らせる機能です。



・誤発進抑制制御機能(前方・後方)
10km/h以下で走行中、踏み間違いを判定した場合、エンジン出力を抑制し、衝突の危険性があると判断した場合、ブレーキをかける機能です。



・先行車発進お知らせ機能
信号待ちなどで前の車が発進したことに気づかない時に知らせる機能です。



・コーナーセンサー
障害物の距離に応じて警告音で知らせる機能です。



・全車速追従機能付ACC
先行車の様子を検知しながら、設定した車速の範囲内で先行車との距離をキープする機能です。

30km/h以上でしか作動しないものもある中、最新のスマートアシストは、0km/hから対応している、全車速追従型です。



・レーンキープコントロール
60km/h以上で走行中に、車線中央を安定して走行できるように、ハンドル操作をアシストする機能です。



・スマートパノラマパーキングアシスト
カメラで駐車枠の白線を検知し、音声とモニターガイドに加え、ハンドル操作をアシストする機能です。



・パノラマモニター
車を真上から見ているような映像を表示する機能です。



・サイドビューランプ
ハンドルを切った方向や、ウインカーを出した方向を明るく照らす機能です。



スマートアシスト3など、これまでのスマートアシストとの機能を比較したい方は、こちらの記事をご覧ください。

www.takeshi-carnews.com

スポンサーリンク



マイナーチェンジでも、ターボエンジンの採用はなさそう

ムーヴキャンバスには、ターボエンジンが設定されていません。加速力などの面から、ターボエンジン搭載を望む声が多くあがっています。


ターボエンジンが搭載されるなら、マイナーチェンジの機会でしょうが、残念ながらターボエンジンの採用はなさそうです。



ムーヴキャンバスの加速力は、こんな感じです。

www.youtube.com


ムーヴキャンバスの燃費は、28.6km/L

ムーヴキャンバスの燃費は、JC08モード燃費だと、NA車が28.6km/Lです。


WLTCモード燃費だと、NA車が20.6km/Lです。


実燃費は、17km/L~18km/L程度です。

スポンサーリンク



デザインの変更があるかどうかは、不明

ムーヴキャンバスは、デザインの変更が実施されるかどうかは、まだ不明です。


そのため、マイナーチェンジではなく、一部改良となる可能性もあるのではないかと考えています。


カラーラインナップの変更は実施されるようです。


新型ムーヴキャンバスの価格は、3万円ほどアップか

新型ムーヴキャンバスの価格は、3万円ほどアップするといわれています。


次世代スマートアシストが採用されるようなので、こんなものでしょう。


【現行ムーヴキャンバスの価格】
L SAⅢ・・・127万6,000円
X SAⅢ・・・143万円
G SAⅢ・・・151万8,000円

XブラックアクセントリミテッドSAⅢ・・・150万7,000円
GブラックアクセントリミテッドSAⅢ・・・158万4,000円

XホワイトアクセントリミテッドSAⅢ・・・150万7,000円
GホワイトアクセントリミテッドSAⅢ・・・158万4,000円

XブラックインテリアリミテッドSAⅢ・・・150万7,000円
GブラックインテリアリミテッドSAⅢ・・・158万4,000円

XメイクアップリミテッドSAⅢ・・・150万7,000円


ムーヴキャンバスのボディサイズ、室内寸法

ムーヴキャンバスは、ムーヴよりも広く、タントよりも狭い車です。ボディサイズ、室内寸法を、ムーヴ、タントと比較してみましょう。


【ムーヴキャンバス】
f:id:totalcar:20200826190139j:plain
出典https://www.daihatsu.co.jp

ボディサイズ
全長3,395mm✕全幅1,475mm✕全高1,655mm

室内寸法
室内長2,115mm✕室内幅1,345mm✕室内高1,285mm



【ムーヴ】
f:id:totalcar:20200826190338p:plain
出典https://www.daihatsu.co.jp

ボディサイズ
全長3,395mm✕全幅1,475mm✕全高1,630mm

室内寸法
室内長2,080mm✕室内幅1,320mm✕室内高1,280mm



【タント】
f:id:totalcar:20200826190505j:plain
出典https://www.daihatsu.co.jp

ボディサイズ
全長3,395mm✕全幅1,475mm✕全高1,755mm

室内寸法
室内長2,180mm✕室内幅1,350mm✕室内高1,370mm


対抗馬として、ワゴンRスマイルが登場?

ムーヴキャンバスが意外にも(?)ある程度堅調に売れていることを受けて、スズキからも、ワゴンRスマイルという対抗馬が登場するといわれています。


ワゴンRスマイルの情報は、こちらのページで紹介しています。

www.takeshi-carnews.com


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク



今回紹介した情報は、あくまでメーカーからの公式情報ではなく、リーク情報や予想情報なので、今回紹介した情報すべてが新型ムーヴキャンバスに反映されるわけではないかもしれませんが、正式に発表されるまで、色々と想像してみるのも楽しみのひとつですよね♪


新型ムーヴキャンバスに関しては、これからも情報収集をつづけていきます。