タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【新型 レクサスES 2020年モデル】一部改良!変更点は、デジタルアウターミラー、ハイブリッドシステム、スマホ連携機能。価格はアップ。

スポンサーリンク


レクサスESが、一部改良されました。


新型レクサスESは、安全装備の充実、ハイブリッドシステムの改良、スマートフォン連携の強化が実施されています。


今回は、新型レクサスESの、発売日、デザイン、パワートレイン、価格などについて紹介します。


新型レクサスESに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。

新型レクサスESの発売日は、8月6日

新型レクサスESの発売日は、2020年8月6日です。


新型レクサスESは、Fスポーツにもデジタルアウターミラー採用

新型レクサスESから採用された、デジタルアウターミラー。


これまでは、最上級グレード、バージョンLにのみオプション設定されていましたが、Fスポーツにもオプション設定が拡大されました。



オプション価格は、バージョンLで22万円、Fスポーツでは28万7,000円です。



Fスポーツにデジタルアウターミラーが採用された以外は、デザインは変わっていません。

f:id:totalcar:20200807235518j:plain
出典https://global.toyota

新型レクサスESは、デジタルアウターミラーの機能が向上

新型レクサスESでは、デジタルアウターミラーのオプション設定グレードが拡大されただけではなく、機能も向上しています。


カメラ映像を映し出すディスプレイ内に距離の目安となる線が表示される機能が追加されました。


速度や加速時、減速時によって違いますが、自車の5m後方、10m後方、15m後方、30m後方の3~4本の目安線が表示されます。


加速時(車速5km/h以上69km/h以下)は3本表示(車両後端から5、10、15m)
減速時(60km/h以下4km/hまで)は3本表示(車両後端から5、10、15m)
高速走行時(車速70km/h以上)は4本表示(車両後端から5、10、15、30m)
ただし減速時には車速61km/hまで4本表示を維持

スポンサーリンク



新型レクサスESは、ハイブリッドシステムも改良!

新型レクサスESは、ハイブリッドシステムも改良されました。


駆動用バッテリーに、これまではニッケル水素バッテリーが採用されていましたが、新型ではリチウムイオンバッテリーが採用されました。


これにより、燃費が1.7km/L向上しています。(WLTCモード燃費22.3km/L、JC08モード燃費25.1km/L)


リチウムイオンバッテリーの方が燃費が良い。なんて言われていますが、結構変わるものなんですね。


新型レクサスESは、スマホ連携機能が強化!

新型レクサスESは、スマホ連携機能も強化されています。


「SmardDevice Link」「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応し、リモートタッチによる画面操作や音声操作をすることができます。


SmardDevice Linkとは、あまり知られていませんが、トヨタとLINEなどが開発しているもので、iPhone、Android問わずカーナビや音楽などの機能をスマホと連携して使うことができるものです。


今のところは、iPhoneならApple CarPlay、AndroidならAndroid Autoの方が使い勝手は良いと感じます。


新型レクサスESの価格は、2万円~8万円アップ

新型レクサスESの価格は2万円~8万円ほど高くなっています。


【新型レクサスESの価格】
ベースグレード・・・599万円(+8万2,593円)
Fスポーツ・・・648万9,000円(+8万2,519円)
バージョンL・・・713万円(+2万741円)


装備、機能の充実にともなった価格上昇になっています。

スポンサーリンク



レクサスESのグレード、装備

レクサスESには、「ベースグレード」「Fスポーツ」「バージョン」の3グレードがあります。


それぞれのグレードの主な装備を紹介します。

ベースグレードの主な装備

・アクティブコーナリングアシスト
・アクティブノイズコントロール
・雨滴感知式オートワイパー
・IR、UVカット機能付きフロントドアガラス
・UVカット機能付プライバシーガラス
・スマートエントリー&スマートシステム
・車速感応式オートパワードアロック
・ステアリングヒーター
・電動リヤウインドウサンシェード
・ナノイー付フルオートエアコン
・12.3インチワイドディスプレイ
・運転席、助手席オートエアコン


Fスポーツの主な装備

・リヤスポイラー
・専用スピンドルグリル
・専用サイドガーニッシュ
・専用リヤバンパーロアガーニッシュ
・専用ラゲージドアガーニッシュ
・専用ステアリング
・専用シフトノブ
・専用アルミペダル
・専用スポーツシート
・パフォーマンスダンパー
・ナビ連動AI-AVS
・19インチタイヤ
・アダプティブハイビームシステム


バージョンLの主な装備

・スウィングバルブショックアブソーバー
・18インチタイヤ
・パノラミックビューモニター
・ITSコネクト
・アンビエントイルミネーション
・ハンズフリーパワートランクリッド
・リヤドアサンシェード
・セミアニリン本革シート
・後席コントロールパネル付センターアームレスト
・3席独立オートエアコン


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク