タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

全て電動化?フルモデルチェンジ版、レクサスRXは、PHVとハイブリッド3種類設定か。RX350h、RX450h+、RX500h

スポンサーリンク


先日、レクサスNXのパワートレインが大きく変わるようだ。という情報をお伝えしたばかりですが、

www.takeshi-carnews.com

レクサスRXの方も大きく変わり、全て電動化されるといわれています。


今回は、新型レクサスRXの、パワートレインについて紹介します。


レクサスRX
f:id:totalcar:20201027151747j:plain
出典https://global.toyota

レクサスRXの新パワートレインが商標出願中

さて、レクサスRXが全て電動化される?と紹介しましたが、トヨタは、その下準備として新しいパワートレインを思わせる名称を商標出願中です。


その名も、「RX350h」「RX450h+」「RX500h」です。


全てにハイブリッドを示す、「h」が入っています。


RX350hには、新しい2.5Lハイブリッドシステム搭載か

RX350hには、ダイナミックフォースエンジンを使った2.5Lハイブリッドシステムが搭載されるといわれています。


ダイナミックフォースエンジンを使った2.5Lハイブリッドシステムといえば、新型ハリアーやRAV4に採用されていますよね。


【ダイナミックフォース2.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力→178ps/5700rpm
エンジン最大トルク→22.5kgf・m/3600-5200rpm
モーター最高出力→120ps
モーター最大トルク→20.6kgf・m


システム出力は、222psです。


350h、3.5Lガソリンエンジン相当というには少々弱い気もするので、もしかしたらモーター出力が強化されるといったことがあるかもしれません。


RX450h+は、プラグインハイブリッドか。

RX450hは、今でもありますが、RX450h+の+とは、何なのでしょうか?


もう答えを書いてしまっていますが、RX450h+は、プラグインハイブリッドだといわれています。


RX450hのハイブリッドシステムをプラグインハイブリッド化するのではなく、新開発のダイナミックフォースエンジンが採用されるのではないかといわれています。


350hと450h+はNXの方にも商標出願されているので、NXと共通のパワートレインになる模様です。


RX500hは、3.5Lターボハイブリッドか

RX500hは、レクサスLS500hと同じく3.5Lターボのハイブリッドになるといわれています。


【3.5Lターボハイブリッド】
エンジン最高出力・・・299ps/6600rpm
エンジン最大トルク・・・36.3kgf・m/5100rpm
モーター最高出力・・・180ps
モーター最大トルク・・・30.6kgf・m


まとめ

レクサスは、2025年までに電動車の販売比率がガソリンエンジン車の比率を上回ることを目標としています。


日本ではハイブリッドが人気なので、既に電動車販売比率の方が高いかと思いますが、世界的に販売台数の見込めるRXを全て電動化することで、電動車の販売比率を上げる目的もあるのかもしれません。


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。


スポンサーリンク



今回紹介した情報は、あくまでメーカーからの公式情報ではなく、リーク情報や予想情報なので、今回紹介した情報すべてが新型レクサスRXに反映されるわけではないかもしれませんが、正式に発表されるまで、色々と想像してみるのも楽しみのひとつですよね♪


新型レクサスRXに関しては、これからも情報収集をつづけていきます。