タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【レクサスNX フルモデルチェンジ 最新情報】発売時期は、いつ?デザイン、サイズ、エンジン、価格予想など、まとめ。EV、PHVも設定か

スポンサーリンク


2020年10月21日更新

レクサスNXが、フルモデルチェンジで、TNGAプラットフォーム、ダイナミックフォースエンジン、最新の先進機能の採用など、大きく生まれ変わるといわれています。


今回は、新型レクサスNXの、発売日、デザイン、パワートレイン、価格などについて紹介します。


新型レクサスNXに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。


ネット上には色々な情報が出回っていますが、ネット上の情報を、関係者の知人にも確認しながら、信ぴょう性が高いと思われる情報をピックアップして紹介します。

新型レクサスNXの発売日は、2021年夏ごろか

新型レクサスNXの発売日は、2021年夏ごろになるという情報が有力です。


新型レクサスNXは、新型ハリアーとの共通点が多くなる

レクサスNXは、ハリアーのレクサス版と言われることがよくありますが、新型レクサスNXも同様に、新型ハリアーとの共通点が多くなるといわれています。


新型ハリアーは、TNGAプラットフォームの採用、ダイナミックフォースエンジンの採用、最新のトヨタセーフティセンスの採用など、大きく進化したことは知っている方も多いかと思います。


新型レクサスNXも同様に、大きく進化するということです。


もちろん、レクサスならではのデザイン、高級感など、ハリアーとの差別化はしっかりとなされることでしょう。

スポンサーリンク



新型レクサスNXのデザインは、全グレードメッシュグリルになる?

新型レクサスNXのデザインは、全グレードがメッシュグリルになるなど、最近のレクサスのデザインに進化するといわれています。


マイナーチェンジされた、新型レクサスISのデザインが参考になります。


まだ詳しいデザインは分かっていませんが、Fスポーツが二重のメッシュグリル、それ以外はシングルのメッシュグリルに。

Fスポーツ
f:id:totalcar:20200919203229j:plain
出典https://global.toyota


Fスポーツ以外
f:id:totalcar:20200919203236j:plain
出典https://global.toyota



LEDのラインは、ヘッドライトの下部から、上部に。

ヘッドライト
f:id:totalcar:20200919203250j:plain
出典https://global.toyota



インテリアは、現行モデルのセンタークラスターが強く主張するデザインから、水平基調のデザインに変わるといわれています。

インテリア
f:id:totalcar:20200919203258j:plain
出典https://global.toyota


現行レクサスNX
f:id:totalcar:20200919203433j:plain
出典https://global.toyota

現行レクサスNXよりも、よりスポーティーかつスタイリッシュなデザインになると期待されています。


現行モデルも、十分に格好良いですけどね。

スポンサーリンク



新型レクサスNXのサイズは、若干大型化

新型レクサスNXのボディサイズは若干大型化され、新型ハリアーとほぼ同じサイズになるといわれています。


【現行レクサスNXのサイズ】
全長4,640mm✕全幅1,845mm✕全高1,645mm


【新型ハリアーのサイズ】
全長4,740mm✕全幅1,855mm✕全高1,660mm


これまでは、ハリアーは元々レクサスRXと共通のボディを持っていたということもあり、レクサスNXよりも少し大きかったのですが、レクサスのSUVには、よりコンパクトなUXが設定されたということもあり、大型化されるようです。


今では、レクサスRXとハリアーの兄弟感はなくなり、レクサスNXは、ハリアーのレクサス版といったイメージとなっています。


新型レクサスNXのパワートレインについて。PHV、EVも設定か

新型レクサスNXのパワートレインは、2.0Lターボエンジンと、ダイナミックフォースエンジンを採用した2.5Lハイブリッドの他に、RAV4 PHVのようなプラグインハイブリッドと、UX300eのようなEVも設定されるといわれています。


【2.0Lターボエンジン】
最高出力・・・238ps/4800-5600rpm
最大トルク・・・35.7kgf・m/1650-4000rpm


【2.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・178ps/5700rpm
エンジン最大トルク・・・22.5kgf・m/3600-5200rpm
モーター最高出力・・・120ps
モーター最大トルク・・・20.6kgf・m


【プラグインハイブリッド】
エンジン最高出力・・・177ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・22.3kgf・m/3600rpm
モーター最高出力・・・183ps/54ps
モーター最大トルク・・・27.5kgf・m/12.3kgf・m


【UX300eのモーター】
EV車に関しては、UX300eよりもパワーアップすると言われていますが、便宜的にUX300eのスペックを紹介しておきます。
最高出力・・・204ps
最大トルク・・・30.6kgf・m


【追記】
NX250、NX350、NX350h、NX450h+が商標出願中となっています。


これを見ると、2.5Lエンジン、3.5Lエンジン、2.5L~3.0Lのハイブリッド、3.5Lプラグインハイブリッドになるのではないかと考えることができます。


EVが設定されるなら、NX○○eという名前も出願されているはずですが、フルモデルチェンジ直後は設定されないのかもしれません。

スポンサーリンク



新型レクサスNXの先進機能は、最新のものになる

新型レクサスNXには、以下のような先進機能が搭載されるといわれています。


・プリクラッシュセーフティ
交差点右折前に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者も検知可能になりました。


・緊急操舵支援機能
緊急時に、車線内で操舵をアシストする機能です。


・低速時加速抑制機能
アクセルとブレーキを踏み間違えた時に加速を抑制する機能です。


・レーダークルーズコントロール
・レーントレーシングアシスト

車線認識機能を向上し、カーブ走行時の安定性、快適性が向上しました。


・オートマチックハイビーム
先行車や対向車を検知し、自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。


・ロードサインアシスト
主要な道路標識を読み取り、メーター内に表示する機能です。


・ドライバー異常時停車支援システム
レーントレーシングアシスト作動中に無操作状態が続いた場合、ゆるやかに減速して停車する機能です。


・パーキングサポートブレーキ
駐車場などでアクセルとブレーキを踏み間違えた時に自動でブレーキをかける機能です。リヤクロストラフィックアラートとも呼ばれます。


・パノラミックビューモニター
車を上から見下ろしたような映像を映す機能です。


・ブラインドスポットモニター
後側方に存在する車両を検知して、ドアミラー内のインジケーターで警告する機能です。


新型レクサスNXの価格は、20万円ほどアップか

新型レクサスNXの価格は、現行モデルよりも20万円ほど高くなるといわれています。


現行モデルが454万円~なので、470万円~程度になるということですね。


新型ハリアーは、299万円~とかなり頑張った価格設定となり、インテリアの質感は低下したのではないか?という声もありますが、新型レクサスNXは高くなりそうだということで、ハリアーとNXの差別化が、現行モデルよりもしっかりとされることになりそうです。


まとめ

新型レクサスNXは、シャシーやエンジン、先進機能が刷新され、乗り心地、走行性能、デザイン性など大きく進化することが期待されています。


NXは、レクサスブランドの中でも一番の売れ筋なので、かなり気合の入ったモデルチェンジになることは間違いないでしょう。

www.takeshi-carnews.com


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。


スポンサーリンク