タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【新型レヴォーグ グレード、装備、価格差】グレード間の装備の違いと、価格差をチェック!おすすめグレードは、GTグレードな理由。【GT、GT-H、STI Sport、EX】

スポンサーリンク


新型レヴォーグには、「GT」「GT EX」「GT-H」「GT-H EX」「STI Sport」「STI Sport EX」の6つのグレードがあります。


新型レヴォーグ
f:id:totalcar:20200824204805j:plain
出典https://www.subaru.jp

このページでは、新型レヴォーグの各グレードの装備の違いと、価格差に注目して話をすすめていきます。


それぞれのグレードの装備の違いと、価格差を比較して、自分にはどのグレードが良いのか?参考にしてもらえればと思います。

新型レヴォーグのグレード構成について

冒頭で、新型レヴォーグには、「GT」「GT EX」「GT-H」「GT-H EX」「STI Sport」「STI Sport EX」の6つのグレードがある。と紹介しましたが、


装備の内容としては、「GT」「GT-H」「STI Sport」の3グレードに、それぞれ「EX」という安全装備等が充実したパッケージが設定されている。というイメージです。


ですから、6グレードそれぞれ紹介するのではなく、「GT」「GT-H」「STI Sport」の装備と、「EX」で追加される装備、4つに分けて紹介します。


GTグレード

新型レヴォーグ、GTグレードの価格は、310万2,000円です。


GTグレードの主要装備は、以下のとおりです。


・215/50R 17インチタイヤ
・17インチアルミホイール
・フロント17インチ2ポットベンチレーテッドディスクブレーキ
・リヤ17インチベンチレーテッドディスクブレーキ
・アイドリングストップ
・フロント&リヤスタビライザー
・フルLEDハイ&ロービームランプ
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
・本革巻ステアリングホイール(シルバーステッチ)
・本革巻シフトレバー(ピアノブラック調+シルバー加飾)
・自動防眩ルームミラー
・フルオートエアコン
・電動パーキングブレーキ
・パドルシフト
・スマートキー
・イモビライザー
・7インチインフォメーションディスプレイ
・6スピーカー
・トリコット✕トリコットシート
・運転席8ウェイパワーシート
・助手席マニュアルシート
・運転席、助手席シートヒーター
・運転席、助手席バニティミラー
・アイサイト
・アイサイトセイフティプラス


GT-Hグレード

新型レヴォーグ、GT-Hグレードの価格は、332万2,000円です。


GTグレードよりも、22万円高いグレードです。


GT-Hグレードが、GTグレードと違う部分は、以下のとおりです。


・225/45R 18インチタイヤ
・18インチアルミホイール
・フルLEDハイ&ロービームランプ(ブラックベゼル+光輝加飾)
・リバース連動ドアミラー
・ドアミラメモリー&オート格納機能
・ハンズフリーオープンパワーリヤゲート
・本革巻ステアリングホイール(ブルーステッチ、高触感革)
・シフトブーツ(ブルーステッチ)
・アルミパッド付スポーツペダル
・メーターバイザーリング(ダークメタリック塗装)
・トリコット&ファブリックシート(ブルーステッチ)
・運転席10ウェイパワーシート
・助手席8ウェイパワーシート
・運転席シートメモリー機能
・後席シートヒーター


22万円で、これらの装備が追加されます。

スポンサーリンク



STI sportグレード

新型レヴォーグ、STI Sportグレードの価格は、370万7,000円です。


GT-Hグレードよりも、38万5,000円高いグレードです。


STI Sportグレードが、GT-Hグレードと違う部分は、以下のとおりです。


・18インチアルミホイール(STI Sport用)
・電子制御ダンパー
・ドライブモードセレクト
・STIエンブレム


38万5,000円で、これらの装備が追加されます。


GTグレードと、GT-Hグレードの価格差、装備の差に比べると、ちょっと高い感じがしますが、新開発のドライブモードセレクトや、見た目のスポーティーさなどが変わってきます。


EXグレード

EXグレードは、それぞれのEXではないグレードよりも38万5,000円高いグレードです。


・アイサイトX
・12.3インチフル液晶メーター
・11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ
・フットランプ
・視界拡張テクノロジー
・ドライバーモニタリングシステム
・コネクティッドサービス


アイサイトXと、12.3インチのフル液晶メーター、11.6インチの大画面ディスプレイが目玉ですね。



アイサイトXには、以下の機能が含まれています。

・渋滞時ハンズオフアシスト
・渋滞時発進アシスト
・アクティブレーンチェンジアシスト
・カーブ前速度制御
・料金所前速度制御
・ドライバー異常時対応システム



これだけの装備がつくなら、納得できる価格差なのではないかと思います。


おすすめグレードは、GTグレード

新型レヴォーグのおすすめグレードは、ズバリ、GTグレードです。


GT-Hグレードは、ハンズフリーオープンパワーリヤゲート、助手席パワーシートや、運転席シートメモリー機能、後席シートヒーターなどが追加されます。


確かに便利なのは間違いありませんが、レヴォーグを購入する方は、比較的若い方が多いのではないでしょうか。ですから、こういった機能はなくても何とかなるかと思います。


また、おそらく、多くの人は、後部座席に日常的には人を乗せないでしょう。ですから、後席シートヒーターも、無くても良い方が大半かと思います。



EXグレードは、アイサイトXが搭載される以外にも、12.3インチフル液晶メーターや、11.6インチの大画面ディスプレイが採用されるわけですが、EXグレードではなくても、見た目は悪くありません。

何かしら、ナビをいれないといけないので、単純に38万5,000円安いというわけではありませんが、それなりに安くて格好良いナビは色々あります。



そういうわけで、私は、ベースグレードのGTグレードをおすすめします。

車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク



新型レヴォーグ関連記事

www.takeshi-carnews.com