タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【新型 キックス 最新情報】発売日、サイズ、トランク(荷室容量)、デザイン、カラー、パワートレイン、価格など、日本発売情報まとめ

C-HRやヴェゼルといったコンパクトSUVが人気となっている中、日産・ジュークはあまり販売台数が伸びていません。


そんな中、日産は新しいコンパクトSUV、キックスを投入します。


今回は、新型キックスのフルモデルチェンジに関するリーク情報、予想情報など、最新情報を紹介します。


新型キックスに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。

新型キックスの発表日、発売日は、2020年5月~6月

新型キックスの発表日、発売日は、2020年5月~6月になると聞いています。
(おそらく、発表が5月で、発売が6月)


3月19日に、タイで発表されるようなので、そこにも注目しておきましょう。

キックスは、実は新型車ではない

日本では、キックスは全くの新しいモデルとして投入されますが、実は海外で2016年8月から販売されている車のマイナーチェンジモデルです。


ですから、新しいプラットフォームが採用されるなどといったことはありません。


新型キックスのサイズは、3ナンバーサイズ

新型キックスのボディサイズは、全長4,295mm✕全幅1,765mm✕全高1,585mmの、3ナンバーサイズです。

C-HRやヴェゼルに比べると、全長が短めです。


【参考情報】
C-HR・・・全長4,360mm✕全幅1,795mm✕全高1,550mm

ヴェゼル・・・全長4,330mm✕全幅1,770mm✕全高1,605mm

C-HRやヴェゼルよりも広い

新型キックスはC-HRやヴェゼルよりも広い荷室空間を確保しています。


キックスの荷室容量は、423Lです。

C-HRは318L、ヴェゼルは404Lです。


C-HRやヴェゼルは、クーペを意識して後方のルーフが落ちていますが、キックスはそうではないため、広い荷室を確保できている。ということですね。


トランクスペースに関しては現在海外で販売されているモデルと変わりないはずなので、トランクの広さが分かりやすい動画で確認してみて下さい。

www.youtube.com


トランクの開口部が正方形に近く、広いということが分かるかと思います。


新型キックスのデザインは、大きなグリルが特徴的

新型キックスは日産のSUVらしく、大きなVモーショングリルが特徴的です。


現在、海外で販売されているキックスよりもかなり大きくなります。

現在海外で販売されているキックス
f:id:totalcar:20200315022858j:plain

f:id:totalcar:20200315022907p:plain
出典https://www.nissanusa.com


イメージとしては、セレナハイウェイスターのような感じです。
f:id:totalcar:20200315023053j:plain
出典https://www3.nissan.co.jp

新型キックスのカラーは、全部で13色

新型キックスには、モノトーン9色、ツートンカラー13色の、全部で13色が設定されます。


・ブリリアントホワイトパール
・ピュアブラックパール
・ブリリアントシルバーメタリック
・プレミアムコロナオレンジパール
・ラディアントレッドパール
・サンライトイエローパール
・チタニウムカーキパール
・ダークブルーパール
・ナイトベールパープルパール


・ブリリアントホワイトパール✕ピュアブラックパール
・ダークメタリグレーメタリック✕ピュアブラックパール
・プレミアムコロナオレンジパール✕ピュアブラックパール
・ラディアントレッドパール✕ピュアブラックパール

ツートンカラーのルーフカラーは全てブラックです。


新型キックスのパワートレインは、e-POWERだけになるかもしれない

キックスの海外モデルには、ガソリンエンジンに加えてe-POWERが設定される形になるようなのですが、日本では、ガソリン車は投入されずに、e-POWERだけになるかもしれまえん。


こちらも、「e-POWERだけになるみたいよー。」と軽い感じで少し聞いただけなのですが、それなりに具体的な情報にアクセスできているはずの人なので、本当にe-POWERだけになるのかもしれません。


ちなみに、次期エクストレイルも、e-POWERのみになるという噂が流れ始めています。


一応、キックスのガソリン車のエンジンスペックも紹介しておきます。


【1.6Lガソリンエンジン】
最高出力・・・124ps/6300rpm
最大トルク・・・11.6kgf・m/4000rpm


プロパイロットは搭載されないかもしれない

今や軽自動車のデイズにもプロパイロットが搭載される時代ですから、当然キックスにも搭載されるだろう。と思い込んでいたのですが、もしかすると搭載されないのかもしれません。



こちらも知人によると、「プロパイロットはつかないはずだよ。」とのことでした。



パワートレイン、プロパイロットに関しては、要追跡調査ですね。


以下の予防安全機能は、現行モデルにも搭載されています。

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・ブラインドスポットモニター
・ハイビームアシスト
・後退時車両検知警報


キックスの価格は、18,870ドル~

新型キックスの日本での販売価格はまだ明らかにされていませんから、海外での販売価格をもとに予想をしてみましょう。


新型キックスは、アメリカでは、18,870ドル~販売されています。

1ドル110円とすると、約207万円ですね。


日本での価格が、アメリカでの価格よりも安くなることはまずないので、新型キックスは210万円以上はすることになりそうです。


ですから、ジュークの201万円~よりは高くなることは確実でしょう。



そして、もし、本当にe-POWERのみが販売されるのなら、e-POWERはガソリン車よりも40万円ほど高くなるので、250万円以上ということになります。


まとめ

新型キックスは、ジュークよりも実用的で、多くの人に受け入れられるSUVですね。


プロパイロットが搭載されるのかどうか。ガソリン車が販売されるのかについては、これからも調査し、新しい情報が入りましたら更新します。


プロパイロット搭載の有無はともかく、ガソリン車の有無は大事ですからね。



今回紹介した情報はリーク情報や予想情報なので、今回紹介した情報すべてが新型キックスに反映されるわけではないかもしれませんが、デザイン、サイズ、カラーラインナップといった情報は信憑性が高いかと思います。

正式に発表されるまで、色々と想像してみるのも楽しみのひとつですよね♪



新型キックスは、3月19日に、先にタイで発表されるということなので、また情報を更新します。