タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【ホンダe】日本発売開始!予約受付再開は、数カ月後か。予約方法、スペック(サイズ、航続距離、充電時間)、価格など、最新情報まとめ。カラーは全7色。

スポンサーリンク


2020年9月8日更新

ホンダのコンパクトな電気自動車、ホンダeが発売されました。


ホンダeは、EVということ以外にも、最新の機能が盛りだくさんです。


ホンダeに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。

ホンダeのエクステリアデザイン

f:id:totalcar:20200507031014j:plain

f:id:totalcar:20200507031021j:plain

f:id:totalcar:20200507031028j:plain
出典https://global.honda


フロントマスクは、丸いヘッドライトが特徴的です。

電気自動車らしく、グリルの穴が開いていません。

充電ケーブルを挿す穴は、ボンネット上部に配置されています。



サイドを見てみると、凹凸が少なく、なめらかになっています。

プレスラインが少ないだけでなく、サイドミラーはカメラで細くなっており、ドアハンドルは収納されています。

デザインがすっきりするだけでなく、空気抵抗の低減にも寄与します。



リヤもフロントと同じく、丸いブレーキランプが特徴的です。


ホンダeのインテリアデザイン(内装)

次に、ホンダeのインテリアデザインをみてみましょう。

f:id:totalcar:20200507031134j:plain
出典https://global.honda

f:id:totalcar:20200829001249j:plain
出典https://www.honda.co.jp


インテリアは、画面の多さに驚かされます。


左右の端のディスプレイ(6インチ)は、サイドミラーの代わりにカメラ映像を表示するためのディスプレイです。


中央には、12.3インチのディスプレイが3枚配置されていますが、ステアリング前のものはスピードメーター等、あとの2枚はカーナビやさまざまなアプリケーションの情報を表示するためのものとなっています。


6枚の画面で先進的ながら、木目調パネルも多く使われており、無機質ではなく、どこか落ち着くインテリアとなっています。

スポンサーリンク



ホンダeのサイズは、3ナンバーサイズ

ホンダeのサイズは、全長3,895mm✕全幅1,750mm✕全高1,512mmです。


全幅が1,700mmを超えているので、3ナンバーサイズです。


ただ、全長は3,895mmと、フィット(3,995mm)よりも短いです。



さらに、最小回転半径は4.3mと、軽自動車よりも小さいです。


3ナンバーサイズとはいえ、小回りに関しては心配ナシですね。


ホンダeのカラーは、7色

ホンダeのボディカラーは、7色設定されています。(海外仕様)


・プラチナホワイトパール
f:id:totalcar:20200829001448j:plain


・ルナシルバーメタリック
f:id:totalcar:20200829001505j:plain


・モダンスティールメタリック
f:id:totalcar:20200829001520j:plain


・クリスタルブラックパール
f:id:totalcar:20200829001541j:plain


・プレミアムクリスタルレッドメタリック
f:id:totalcar:20200829001557j:plain


・チャージイエロー
f:id:totalcar:20200829001610j:plain

スポンサーリンク



ホンダeのパワートレインは、2種類

ホンダeは電気自動車なわけですが、モーターの出力が高いものと低いもの、2種類が設定されています。


モーター出力は、136psのものと、154psのものが設定されています。


最高速度は、145km/h


0-100km/h加速は、136ps仕様が約9秒、154ps仕様が約8.3秒です。


これは、めちゃくちゃ速いというわけではなく、フィットハイブリッドよりも遅いくらいです。



上級グレードには154psのモーターが、下位グレードには136psのモーターが搭載されます。


ホンダeのバッテリー容量、航続距離について

ホンダeのバッテリー容量は、35.5kWhです。


航続距離は、136ps仕様が、WLTCモードで283km、JC08モードで308ps


154ps仕様が、WLTCモードで259km、JC08モードで274psです。


海外のWLTP基準だと、136ps仕様と154ps仕様の16インチホイール装着車が222km、154ps仕様の17インチホイール装着車が、210kmです。

スポンサーリンク



ホンダeの予約方法について

8月27日に発売されたホンダeですが、第一期、第二期と、期間を分けて、注文を受け付ける方法となっています。


第一期は、8月27日~で、数百台の注文を受け付ける。となっています。


第一期で受け付けた分は、11月~納車となるようです。


第二期以降がいつからになるかは、まだ発表されていません。

予約受付が停止されてしまいました

ホンダeは、第一期分の枠が埋まってしまい、予約受付が停止されてしまいました。


第二期がいつになるか、まだ発表されていませんが、数カ月後になるという情報が有力です。


予約枠が、1回数百台ずつと少ないということもありますが、結構高い車ながらそれなりに人気になっているようですね。


ホンダeの価格は、451万円~

ホンダeの価格は、451万円~495万円です。


ベースグレード・・・451万円

Advance・・・495万円


海外では300万円台~なのですが、日本での価格は結構高めです。



基本的なスペックを見ると、バッテリー容量や航続距離はリーフの方が優れているので、ちょっと高く感じてしまいます。


ただ、電気自動車であるということ以外普通の車であるリーフと比べて、デジタルミラー、ディスプレイ満載のインテリア、収納されるドアハンドルなど、色々と普通の車とは違うポイントがあるので、単純に高いと言うことはできませんね。


ホンダeの補助金について

ホンダeは電気自動車なので、補助金(CEV補助金)の対象になります。


金額は、ベースグレードが21万6,000円、Advanceが16万8,000円です。


この他、自治体によっては、独自の補助金があるところもあります。


ホンダeの装備は、とても充実している

ホンダeの価格が451万円~と聞くと、航続距離や、ボディサイズの割に高い。と感じる方が多いかと思います。


高いなりに装備は充実しているので、ホンダeの装備を紹介します。

全グレードに標準装備のもの

・ホンダセンシング
・ワイドスクリーンHondaCONNECTディスプレイ
・後退出庫サポート
・ステアリングヒーター
・スカイルーフ
・サイドカメラミラーシステム
・フラッシュアウターハンドル
・急速充電ポート&普通充電ポート
・シングルペダルコントロール
・16インチアルミホイール


後退出庫サポートとは、バックで出庫する時、左右から接近するクルマを検知して注意をうながす機能です。

リヤクロストラフィックアラートのようなものです。



フラッシュアウターハンドルとは、自動で格納される外側のドアハンドルのことです。



シングルペダルコントロールとは、アクセルペダルを緩めるとブレーキがかかる、日産のe-Pedalのような機能です。


Advanceに搭載される装備

・Honda パーキングパイロット
・マルチビューカメラシステム
・プレミアムサウンドシステム
・100V電源(1500W)
・センターカメラミラーシステム
・17インチアルミホイール


Hondaパーキングパイロットとは、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフト操作を自動で操作し、駐車をアシストしてくれる機能です。



センターカメラミラーシステムとは、後部に設置されたカメラの映像をルームミラーに映し出す機能です。


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク