タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【新型 ハリアー 最新情報】2020年4月発表~、予約開始へ。発売日、サイズ、パワートレイン、ボディカラー、価格など、フルモデルチェンジ情報まとめ

高級SUVとして確固たる地位を確立している、トヨタ・ハリアー。


ハリアーはまもなくフルモデルチェンジされ、大きく生まれ変わります。


今回は、新型ハリアーのフルモデルチェンジに関するリーク情報、予想情報など、最新情報を紹介します。


新型ハリアーに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。

新型ハリアーの発売日は、6月17日

新型ハリアーの発売日は、2020年6月17日です。


4月8日にワールドプレミアされて、メーカーからも詳細な情報が発表されます。

ニューヨークモーターショーでワールドプレミアされるはずだった

新型ハリアーはニューヨークモーターショーでワールドプレミアされるはずでした。


しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、8月に延期されることになりました。


突然の発表だったので、ハリアーのワールドプレミアがどうなるのかは、まだ分かりません。

ワールドプレミア自体が延期されるのか、どこかの会場で人を集めずにネット配信だけするのか、はたまたホームページ上での公開だけになるのか。


どうなるのか気になるので、調べておきます。


新型ハリアーのサイズは大型化。全幅1,850mm超えへ

新型ハリアーのサイズは、全長4,740mm✕全幅1,855mm✕全高1,660mmと、現行モデルよりも大型化されるとみられています。


現行ハリアーのサイズは全長4,725mm✕全幅1,825mm✕全高1,690mmでしたから、全長と全幅が少し大きくなっています。


取り回し的にはそれほど違いを感じるほど大型化されるわけではありませんが、全幅が1,850mmを超えてくることで、入庫できない駐車場もでてきてしまうかと思います。

新型ハリアーは、アメリカでも販売される

冒頭でもお伝えしたとおり、現行ハリアーは日本国内専用車だったのですが、新型ハリアーはアメリカでも販売されます。


新型ハリアーが大型化するのには、こういった事情もあるようです。


ただ、これでも新型ハリアーの日本仕様のボディサイズはコンパクトに手直しされているらしく、海外仕様では全幅が1,900mmにもなるということです。

カローラスポーツや、ヤリスと同じような手法ですね。


比較的大きな車に対応する駐車場でも、全幅1,850mmまでというところもあるので、あと5mmなんとかしてもらえれば、と思うところではあります。


パワートレインは、2.0Lガソリンと、2.5Lハイブリッド

新型ハリアーのパワートレインは、2.0Lガソリンエンジンと、2.5Lハイブリッドの2種類となり、2.0Lターボエンジンが廃止されます。

どちらもダイナミックフォースエンジンで、基本的にRAV4と同じものです。


現行ハリアーのハイブリッド車は4WD(e-four)のみでしたが、新型ハリアーではハイブリッドにもFFが設定されます。(RAV4にも設定されていますよね。)


【2.0Lガソリン】
最高出力・・・171ps/6600rpm
最大トルク・・・21.1kgf・m/4800rpm


【2.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・178ps/5700rpm
エンジン最大トルク・・・22.5kgf・m/3600-5200rpm
フロントモーター最高出力・・・120ps
フロントモーター最大トルク・・・20.6kgf・m
リヤモーター最高出力・・・54ps
リヤモーター最大トルク・・・12.3kgf・m

新型ハリアーは、5グレード展開になる

新型ハリアーは、「S」「G」「Gレザーパッケージ」「Z」「Zレザーパッケージ」の5グレード展開となります。


<Sグレードの装備>
・225/65R 17インチタイヤ
・ブラック塗装ルーフスポイラー
・トヨタセーフティセンス
・本革巻ステアリング、シフトノブ
・ファブリックシート
・4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ
・8インチディスプレイオーディオ


<Gグレードの装備>
・225/60R 18インチタイヤ
・プロジェクター式LEDヘッドライト
・LEDフォグライト
・バンパーメッキモール
・メッキドアハンドル
・メッキ加飾入り本革巻ステアリングホイール
・ファブリック+合成皮革シート
・電子インナーミラー
・7インチマルチインフォメーションディスプレイ


<Zグレードの装備>
・225/55R 19インチタイヤ
・ボディ同色ルーフスポイラー
・ヘッドアップディスプレイ
・12.3インチカーナビゲーション
・調光式ムーンルーフ(オプション)


<GとZのレザーパッケージの装備>
・本革シート
・運転席オートスライドアウェイ
・ステアリングヒーター


新型ハリアーのグレード構成は、エレガンス、プレミアム、プログレスに加え、プレミアムとプログレスにはメタルアンドレザーパッケージが設定されている、現行ハリアーと似ているので、現行ハリアーとの主要装備の違いを比較する記事も書いてみました。

www.takeshi-carnews.com


ルームミラーに録画機能がつく

新型ハリアーのルームミラーには、録画機能がつきます。


最近の車は、電子ミラーや、予防安全、運転支援機能のためにカメラがついている車が多いですよね。


時期を同じくして、最近はあおり運転などでドライブレコーダーの必要性が叫ばれています。

そんな中で、車にカメラがついているのなら、最初からドラレコをつけてくれたらいいのに。という声も多く聞こえてきます。


そんな時代の声に答えたということでしょう。


もし、今後、純正のドライブレコーダーが普及したら、現在盛り上がっているの後付けドライブレコーダー市場は縮小していくかもしれませんね。

スマホやディスプレイオーディオの普及でカーナビ業界が大きな打撃を受けているように・・・。


予防安全装備、運転支援機能が大幅に充実する

新型ハリアーは、現行ハリアーよりも予防安全装備、運転支援機能が大幅に充実します。

トヨタセーフティセンス

f:id:totalcar:20190323150649j:plain
出典https://toyota.jp

・プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)
前方の車両や歩行者、自転車を検出し、衝突の可能性を知らせる、また自動でブレーキをかけてくれる機能です。

車両や歩行者に対しては昼夜、自転車に対しては昼のみ作動します。

車両に対しては10km/h~180km/hで作動し、速度差が50km/h以内であれば衝突回避をすることができます。

歩行者や自転車に対しては10km/h~80km/hで作動し、速度差が40km/h以内であれば衝突回避をすることができます。


最新のプリクラッシュセーフティは、右折時の対向車や、右左折後の横断歩行者も検知することができます。



・レーントレーシングアシスト
カメラで白線、黄線を認識し、車線中央を走行するために必要なステアリングの一部を支援してくれる機能。

車線を認識できない時も、先行車両に追従する支援をしてくれます。

また、車線から逸脱しそうになった時は、警報による警告や、ステアリング操作の一部を支援してくれます。

車両のふらつきを検知したときは、休憩を促す注意喚起を行います。



・レーダークルーズコントロール
ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援してくれる機能です。

要は、アクセル、ブレーキの操作を自動で行ってくれる機能です。

高速道路でのロングドライブがかなり楽になります。

新型トヨタセーフティセンスでは、全車速に対応しており、渋滞での停止から再発進にも対応しています。



・自動ハイビーム
自動ハイビームには、「アダプティブハイビームシステム」「オートマチックハイビーム」の2種類があります。

アダプティブハイビームシステムは、LEDを個別に制御して、先行車や対向車の光の当たる部分だけを遮光するという高度なシステムです。

それに対し、オートマチックハイビームは、先行車や対向車を検知して、自動でハイビームとロービームを切り替えるというシステムです。

アダプティブハイビームシステムは15km/h以上で作動し、オートマチックハイビームは30km/h以上で作動します。



・ロードサインアシスト
ロードサインアシストは、前方のカメラで道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示してくれる機能です。

対応している標識は、最高速度、はみ出し通行禁止、車両進入禁止、一時停止です。

最高速度の標識などは、一度見逃すと「何キロだったっけ?」となるので、ありがたい機能ですね。



・先行車発進アラーム
先行車が4m以上進んでも自車が発進しない時、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイで知らせてくれる機能です。



トヨタセーフティセンスには3種類あり、新型ハリアーに搭載されるのは、「新型(次世代型)トヨタセーフティセンス」です。

現行ハリアーに搭載されているのは、「トヨタセーフティセンスP」です。(表記上はPが削除されています)

トヨタセーフティセンスの機能、性能の違いは、こちらの記事で紹介しています。

www.takeshi-carnews.com


その他の機能

・インテリジェントクリアランスソナー
インテリジェントクリアランスソナーは、踏み間違い時サポートブレーキとも呼ばれているものです。

バンパー部分に搭載されたソナーセンサーで障害物を検知して、障害物があるにもかかわらずアクセルを強く踏み込んだ時にエンジンの出力を抑制します。

最近は、アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込むような事故が増えていますが、これが搭載されていればそういった事故を防ぐことができます。



・リヤクロストラフィックオートブレーキ
リヤクロストラフィックオートブレーキは、駐車場からバックで出る時に、左右から接近してくる車を検知して警報、ブレーキをかけてくれる機能です。

駐車場からバックで出る時って、左右が見づらいですよね。そんな時にとても役に立つ機能です。



・ドライブスタートコントロール
シフトの操作を誤った時に、アクセルを踏み込んだままの状態だった場合、エンジン出力を抑制してくれる機能です。



・ブラインドスポットモニター
死角になりやすい、自車の後側方に車がいる時に、サイドミラーの隅のサインを点灯して知らせてくれる機能です。

サインが点灯しているにもかかわらずウインカーを出すと、サインが点滅して注意を喚起します。

これは、しっかりと目視で確認をすれば必ずしも必要な機能だとは思いませんが、あったら便利な機能です。


・アドバンストパーク
カメラとソナーにより、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車を支援してくれる機能です。

ドライバーはシフト操作のみで良いという、高度な駐車支援機能です。


新型ハリアーのデザインはどうなる?

当然のことながらデザインはもう決まっているわけですが、友人に見せてくれと頼んでも見せてもらえませんでした(そりゃそうですよね)


新型ハリアーの予想CGが色々と出回っていますが、あまり似ていない。ということです(残念)


今ここで紹介できるのは、MAGXに掲載されたテスト走行の様子くらいです。


全体的には、現行ハリアーのイメージは受け継がれる。ということです。


現行ハリアー
f:id:totalcar:20200314025316j:plain
出典https://toyota.jp


新型ハリアーのボディカラーは、全部で7色

新型ハリアーのボディカラーは、既にネット上で出回っているということもあり、教えてもらうことができました。


新型ハリアーのカラーは、全部で7色。ツートンカラーはありません。

・プレシャスブラックパール
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・ブラック
・スティールブロンドメタリック
・ダークブルーマイカ
・スレートグレーメタリック
・センシュアルレッドマイカ


新型ハリアーの価格はアップ。20万円ほど高くなるようです

新型ハリアーの価格に関しては、ディーラーに勤務する友人に聞いても、まだ知らされていない。ということでした。


自動車情報誌などの情報によると、20万円程度上がるようです。


一つ言えることは、新型ハリアーにはハイブリッド車にFFが設定されることで、ガソリン車とハイブリッド車の価格差は小さくなります。


現行ハリアーは、ハイブリッド車は4WDしかないため、ガソリン車とハイブリッド車の価格差が約80万円もあります。

新型ハリアーでは、ガソリン車とハイブリッド車の価格差は60万円程度となり、ハイブリッド車を購入しやすくなるはずです。



一般に情報が出回るよりは少し早く価格の情報は入手できそうなので、価格がわかりましたら更新しようと思います。ぜひ読者登録お願いします。



今回紹介した情報はリーク情報や予想情報なので、今回紹介した情報すべてが新型ハリアーに反映されるわけではないかもしれませんが、発売日、サイズ、パワートレイン、カラーラインナップといった情報は信憑性が高いかと思います。

正式に発表されるまで、色々と想像してみるのも楽しみのひとつですよね♪


新型ハリアーに関しては、これからも情報収集を続けていきます。