タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【新型 エルグランド 2020】マイナーチェンジで、デザイン大幅変更!グレード削減で、価格は大幅アップ。発売日は、2020年10月12日

スポンサーリンク


2020年10月16日更新

日産エルグランドが、マイナーチェンジで、デザインの変更、グレードの削減など、大きく生まれ変わりました。また、価格は大幅に高くなりました。


今回は、新型エルグランドの、発売日、デザイン、エンジン、燃費、価格などについて紹介します。


新型エルグランドに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。

新型エルグランドの発売日は、2020年10月12日

新型エルグランド、マイナーチェンジモデルの発売日は、2020年10月12日です。


新型エルグランドのデザイン

デザインについては、フロントデザインが大きく変わっています。


f:id:totalcar:20200913022928j:plain

f:id:totalcar:20200913022936p:plain

f:id:totalcar:20200913022952p:plain

f:id:totalcar:20200913023001p:plain
出典https://www2.nissan.co.jp


10年目だからといって、フルモデルチェンジかと思うような大きな変更ではなく、普通のマイナーチェンジの範疇ですね。


フロントグリルは、オラオラ系から、上質系になったかな?と思います。


インテリアは、フラットなエアコン操作パネルが特徴的ですが、すごい!というほどのことではありませんね。


デザイン、カラーに関しては、日産の公式ページが詳しいので、こちらをチェックしてみてください。

スポンサーリンク



新型エルグランドのパワートレインは、変わらず

新型エルグランドのパワートレインは、直4 2.5Lエンジンと、V6 3.5Lエンジンの2種類で変わっていません。


【2.5Lエンジン】
最高出力・・・170ps/5600rpm
最大トルク・・・25.0kgf・m/3900rpm


【3.5Lエンジン】
最高出力・・・280ps/6400rpm
最大トルク・・・35.1kgf・m/4400rpm


最近の日産といえばe-POWERですが、今回の採用はありませんでした。


今後、1.5LのVCRエンジンを搭載した新しいe-POWERシステムが搭載されるでしょうから、次期モデルに期待ですね。


新型エルグランドは、予防安全性能が充実

新型エルグランドは、予防安全性能が充実しました。


新しく追加された機能は、以下の3点です。


・インテリジェントBSI+BSW
後側方衝突防止支援システム、後側方車両検知警報です。

車線からはみ出しそうになると表示とブザーで警告します。

それでもはみ出しそうな時は、車線内に戻すようにステアリング操作を支援します。

プロパイロットの搭載もありませんでした。


エルグランドの車格なら、次期モデルでは、プロパイロット2.0の搭載に期待ですね。



・RTCA(後退時車両検知警報)
目視では確認が難しい視界の悪い場所での後退時に、左右から近づいてくる車を検知して、警告音で注意を喚起する機能です。



・標識検知機能
進入禁止、最高速度、一時停止の標識を検知して、警告表示などで注意を喚起する機能です。

スポンサーリンク



新型エルグランドは、ハイウェイスターに集約

新型エルグランドのグレードは、以下の9グレードとなります。

・250ハイウェイスターS
・250ハイウェイスターS アーバンクローム
・250ハイウェイスタープレミアム
・250ハイウェイスタープレミアムアーバンクローム

・350ハイウェイスター
・350ハイウェイスターアーバンクローム
・350ハイウェイスタープレミアム
・350ハイウェイスタープレミアムアーバンクローム

・AUTECH(2.5L/3.5L)


これまでは、ハイウェイスターではないモデル、250XGグレードが設定されていましたが、これが廃止されます。


新型エルグランドの価格は、大幅アップ

新型エルグランドは、非ハイウェイスターの250XGグレードが廃止され、エントリー価格が30万円もアップしました。


マイナーチェンジ前のモデルの250XGグレードは338万円でしたが、新型エルグランドのエントリー価格は369万円になりました。



【新型エルグランドの価格】
250 Highway STAR S・・・369万4,900円
250 Highway STAR S Urban CHROME・・・398万900円
250 Highway STAR Premium・・・444万9,500円
250 Highway STAR Premium Urban CHROME・・・465万8,500円
AUTECH(2500)・・・478万600円

350 Highway STAR・・・447万8,100円
350 Highway STAR Urban CHROME・・・468万7,100円
350 Highway STAR Premium・・・505万4,500円
350 Highway STAR Premium Urban CHROME・・・526万3,500円
AUTECH(3500)・・・542万800円
VIP・・・596万5,300円
VIPパワーシートパッケージ・・・759万3,300円



最大のライバルといえるアルファード/ヴェルファイアの価格が352万円~ですから、新型エルグランドの価格は、アルファード/エルグランドよりも高くなっています。


そもそもの設計が古く、どうしても競争力に欠けるわけですが、なかなか強気の価格設定ですね。


まとめ

新型エルグランド、今回のマイナーチェンジの内容は、デザインの変更と、安全装備のアップデートが中心です。


プロパイロットやe-POWERの採用があれば大きく巻き返すことができたのかもしれませんが、今回はそれもないということで、このクラスではアルファード/ヴェルファイアの優位は変わらないでしょう。


エルグランドは、前回のフルモデルチェンジから10年が経過しています。いい加減フルモデルチェンジして欲しいところですが、日産は今、世界戦略車を優先的に開発を進めているようです。


一応エルグランドは、このまま終わるのではなく、フルモデルチェンジではプロパイロットやe-POWERが搭載されるといわれているので、フルモデルチェンジに期待ですね。

www.takeshi-carnews.com


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク