【エクリプスクロス マイナーチェンジ情報 2020】PHEV投入!デザイン、サイズ、燃費、航続距離、価格など、最新情報まとめ

2020年12月4日更新

三菱のSUV、エクリプスクロスのマイナーチェンジに関する情報を紹介します。


新型エクリプスクロスは、マイナーチェンジで、デザインの変更と、プラグインハイブリッド(PHEV)が実施されました。


このページでは、新型エクリプスクロスの変更点について、最新情報をまとめて紹介します。

新型エクリプスクロスの発売日は、2020年12月4日

新型エクリプスクロスの発売日は、2020年4日です。


新型エクリプスクロスのデザインは、大幅変更!

新型エクリプスクロスは、ダイナミックシールドデザインがアップデートされて、デリカD5やekクロスのように、ヘッドライトが細いデザインになっています。

f:id:totalcar:20201020062037j:plain

f:id:totalcar:20201020062046j:plain

f:id:totalcar:20201020062055j:plain
出典https://www.mitsubishi-motors.com


最新のダイナミックシールドデザインは、デリカD5やekクロス等に採用されていて、とても好評です。


エクリプスクロスも、かっこいい!と高評価です。




新型エクリプスクロスのサイズは、全長が140mmも長く!

新型エクリプスクロスは、ボディ後部にプラグインハイブリッドシステムのモーターコントロールユニットなどを収納するため、全長が長くなりました。


ガソリンモデルもそれに合わせてボディを共有し、全長が140mmも長くなりました。


【これまでのサイズ】
全長4,405mm✕全幅1,805mm✕全高1,685mm


【新型エクリプスクロスのサイズ】
全長4,545mm✕全幅1,805mm✕全高1,685mm


他のコンパクトSUVと比較してみると、トヨタC-HRは4,360mm、 ホンダヴェゼルは全長4,330mm、日産キックスは4,290mmと、ライバルとされる車よりも随分長くなりました。



新型エクリプスクロスのパワートレイン

新型エクリプスクロスには、従来から設定されている1.5Lターボエンジンに加え、プラグインハイブリッド(PHEV)が設定されました。


その代わり、2.2Lディーゼルターボエンジンが廃止されます。


プラグインハイブリッドシステムは、アウトランダーPHEVと同じものが搭載されています。


【1.5Lターボエンジン】
最高出力・・・150ps/5500rpm
最大トルク・・・24.5kgf・m/2000-3500rpm



【2.4Lプラグインハイブリッド】
エンジン最高出力・・・128ps/4500rpm
エンジン最大トルク・・・20.3kgf・m/4500rpm
モーター最高出力(前/後)・・・82ps/95ps
モーター最大トルク(前/後)・・・14.0kgf・m/19.9kgf・m
システム出力・・・約210ps


このクラス初のPHEVで、とても注目されています。


新型エクリプスクロスの燃費、航続距離

新型エクリプスクロスの燃費は、以下のとおりです。


【PHEVの燃費】
JC08モード燃費
18.6km/L


WLTCモード燃費
16.4km/L

市街地モード
15.7km/L

郊外モード
16.8km/L

高速道路モード
16.5km/L


【ガソリン車の燃費】
JC08モード燃費
2WD 15.0km/L、4WD 14.0km/L


WLTCモード燃費
2WD 13.4km/L、4WD 12.4km/L

市街地モード
2WD 10.6km/L、4WD 9.8km/L

郊外モード
2WD 13.8km/L、4WD 12.6km/L

高速道路モード
2WD 14.8km/L、4WD 13.8km/L


PHEVの航続距離は、アウトランダーと同等の57.3kmです。


新型エクリプスクロスの先進機能

新型エクリプスクロスに搭載されている先進機能は、以下のとおりです。


・レーダークルーズコントロールシステム
先行車の加速、減速、停止に対応して追従走行をサポートする機能です。


・車線逸脱警報システム
車線を外れそうになった時、警告する機能です。


・衝突被害軽減ブレーキシステム
前方の車両、歩行者と衝突する危険性があると判断した時、警告し、自動でブレーキを作動させる機能です。


・オートマチックハイビーム
先行車、対向車を検知し、自動的にハイビームとロービームを切り替える機能です。


・後側方車両検知警報システム
斜め後方の死角にいる車両を検知し、インジケーターを点灯して警告する機能です。


・後退時車両検知警報システム
駐車場からバックで出る時に接近車両を検知し、警報する機能です。


・誤発進抑制機能
踏み間違いを検知して、エンジン出力を抑制する機能です。


新型エクリプスクロスの価格は、

新型エクリプスクロスの価格は、既存のパワートレインも含め、少し高くなるといわれています。


【新型エクリプスクロスの価格】
1.5Lターボ車
M・・・253万1,100円
G・・・286万7,700円
G Plus Package・・・312万6,000円


PHEV
M・・・384万8,900円
G・・・415万2,500円
P・・・447万7,000円


ガソリン車とPHEVの価格差は、130万円程度です。


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。


今回紹介した情報は、あくまでメーカーからの公式情報ではなく、リーク情報や予想情報なので、今回紹介した情報すべてが新型エクリプスクロスに反映されるわけではないかもしれません。


正式に発表されるまで、色々と想像してみるのも楽しみのひとつですよね♪


新型エクリプスクロスに関しては、これからも情報収集をつづけていきます。