タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【新型 アクア 2021】フルモデルチェンジ時期は、いつ?サイズ大型化、燃費向上で、価格はアップか。ノートe-POWERのライバルに!

スポンサーリンク


トヨタのコンパクトハイブリッドカー、アクアが、フルモデルチェンジで、大きく生まれ変わります。


新型アクアは、大型化されて、新型ノートe-POWERが主なライバルになるようです。


今回は、新型アクアのフルモデルチェンジ時期、デザイン、サイズ、パワートレイン、燃費、価格などについて紹介します。


新型アクアに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。


ネット上には色々な情報が出回っていますが、ネット上の情報を、関係者の知人にも確認しながら、信ぴょう性が高いと思われる情報をピックアップして紹介します。

新型アクアのフルモデルチェンジ時期は、いつ?

新型アクアのフルモデルチェンジは、2021年秋ごろという情報が有力です。


現行アクアは、2011年に発売されており、このままヤリスに統合されるのか?ともいわれていましたが、関係者の知人にも確認したところ、どうやら次期型の開発が進んでいるようです。

スポンサーリンク



新型アクアのデザインは、どうなる?

新型アクアのデザインは、大人しい優等生風のデザインになるといわれていますが、詳細に関してはまだわかっていません。


ヤリスよりも質感が高められ、上質なハイブリッドコンパクトカーという位置づけになるようです。


デザインに関しては、今後も調査をすすめます。


現行アクア
f:id:totalcar:20201221070521j:plain
出典https://toyota.jp


新型アクアのパワートレインは、ハイブリッドのみ

新型アクアのパワートレインは、ヤリスのハイブリッドに搭載されているものと同じ、直3 1.5Lエンジン+モーターのシステムが搭載されることとなるようです。


もちろん、現行型と同じく、ハイブリッド専用車として販売されることとなるでしょう。


【新型1.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・74ps/4800rpm
エンジン最大トルク・・・11.3kgf・m/3600-4400rpm
モーター最高出力・・・61ps
モーター最大トルク・・・17.2kgf・m


【現行モデルの1.5Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・91ps/5500rpm
エンジン最大トルク・・・12.2kgf・m/3800-4800rpm
モーター最高出力・・・80ps
モーター最大トルク・・・14.4kgf・m


新型ハイブリッドシステムは、システム出力が100psから116psにパワーアップしています。ちなみに、最高出力は、新型ノートe-POWERとも同じです。

スポンサーリンク



新型アクアのサイズは、ノートよりも大きくなる?

新型アクアのボディサイズは、先日発表されたばかりの、新型日産ノートよりも大きくなるようです。


具体的には、全長が150mmほど拡大され、全長4,100mm✕全幅1,695mm✕全高1,450mm程度になるとみられています。


現行アクアは、全長4,050mm✕全幅1,695mm✕全高1,455mmです。


元々、コンパクトカーの中では全長が長く、室内空間が広かったノートは、フルモデルチェンジで少し短くなり、全長4,045mm✕全幅1,695mm✕全高1,505mmになったので、新型アクアの方が長くなりそうです。


長くなる=広くなるわけで、室内空間の広さにも期待できます。


新型アクアの燃費は、35km/L程度か

アクアは、ハイブリッド専用のコンパクトカーとして、プリウスや、当時のヴィッツハイブリッドよりも低燃費なのが特徴でしたが、新型アクアは大型化されることもあり、ヤリスよりも若干燃費は悪くなるとみられています。


新型アクアの燃費は、35km/L程度になるようです。


新型ノートe-POWERの燃費は29.5km/L、フィットハイブリッドの燃費は29.4km/Lなので、35km/Lでも十分に低燃費です。

スポンサーリンク



新型アクアの先進機能は、ヤリスと同等

新型アクアの先進機能は、ヤリスと同等のものが搭載されるとみられています。


・プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)
前方の車両や歩行者、自転車を検出し、衝突の可能性を知らせる、また自動でブレーキをかけてくれる機能です。

車両や歩行者に対しては昼夜、自転車に対しては昼のみ作動します。

車両に対しては10km/h~180km/hで作動し、速度差が50km/h以内であれば衝突回避をすることができます。

歩行者や自転車に対しては10km/h~80km/hで作動し、速度差が40km/h以内であれば衝突回避をすることができます。

右折時の直進車や、右左折後の横断歩行者も検知できるように進化しています。



・レーントレーシングアシスト
カメラで白線、黄線を認識し、車線中央を走行するために必要なステアリングの一部を支援してくれる機能。

車線を認識できない時も、先行車両に追従する支援をしてくれます。
また、車線から逸脱しそうになった時は、警報による警告や、ステアリング操作の一部を支援してくれます。

車両のふらつきを検知したときは、休憩を促す注意喚起を行います。



・レーダークルーズコントロール
ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援してくれる機能です。

要は、アクセル、ブレーキの操作を自動で行ってくれる機能です。

高速道路でのロングドライブがかなり楽になります。


デザインの項目でも紹介しましたが、渋滞追従型になっている可能性が高いです。



・オートマチックハイビーム
先行車や対向車を検知して、自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。

オートマチックハイビームは30km/h以上で作動します。



・ロードサインアシスト
ロードサインアシストは、前方のカメラで道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示してくれる機能です。

対応している標識は、最高速度、はみ出し通行禁止、車両進入禁止、一時停止です。

最高速度の標識などは、一度見逃すと「何キロだったっけ?」となるので、ありがたい機能ですね。



・先行車発進アラーム
先行車が4m以上進んでも自車が発進しない時、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイで知らせてくれる機能です。



・インテリジェントクリアランスソナー
インテリジェントクリアランスソナーは、踏み間違い時サポートブレーキとも呼ばれているものです。

バンパー部分に搭載されたソナーセンサーで障害物を検知して、障害物があるにもかかわらずアクセルを強く踏み込んだ時にエンジンの出力を抑制します。

最近は、アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込むような事故が増えていますが、これが搭載されていればそういった事故を防ぐことができます。



・リヤクロストラフィックオートブレーキ
リヤクロストラフィックオートブレーキは、駐車場からバックで出る時に、左右から接近してくる車を検知して警報、ブレーキをかけてくれる機能です。

駐車場からバックで出る時って、左右が見づらいですよね。そんな時にとても役に立つ機能です。



・ブラインドスポットモニター
死角になりやすい、自車の後側方に車がいる時に、サイドミラーの隅のサインを点灯して知らせてくれる機能です。

サインが点灯しているにもかかわらずウインカーを出すと、サインが点滅して注意を喚起します。

これは、しっかりと目視で確認をすれば必ずしも必要な機能だとは思いませんが、あったら便利な機能です。



・アドバンストパーク
カメラとソナーにより、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車を支援してくれる機能です。

ドライバーはシフト操作のみで良いという、高度な駐車支援機能です。

スポンサーリンク



新型アクアには、GRスポーツも設定

新型アクアにも、スポーティーなモデル、GRスポーツが設定されるようです。


アクアGRスポーツは、専用のボディで2ドアになっているGRヤリスとは違い、ボディ自体は通常のモデルと同じで、強化するという形になると聞いています。


新型アクアの価格は、200万円オーバーか

新型アクアの価格は、エントリー価格で200万円を超えてくるとみられています。


まだ詳しい価格は決まっていないものの、知人によると、ヤリスハイブリッドが199万円~なので、新型アクアは210万円を超える可能性も十分にあるだろう。とのことでした。


まとめ

フィットやノートに対して、ヤリスは室内空間が狭いことがウィークポイントでしたが、アクアが大型化されて、スペース重視になる。という注目の情報をお届けしました。


乗用車は、トヨタのシェアがどんどん高くなってきていますが、コンパクトカーのジャンルでも、ヤリスとアクアを用意することで、囲い込もう。という戦略のようです。


トヨタは、車種の削減を進めている最中ですが、売れそうな車に関しては、積極的に新型車を投入していますね。


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。

スポンサーリンク


今回紹介した情報は、あくまでメーカーからの公式情報ではなく、リーク情報や予想情報なので、今回紹介した情報すべてが新型アクアに反映されるわけではないかもしれませんが、正式に発表されるまで、色々と想像してみるのも楽しみのひとつですよね♪


新型アクアに関しては、これからも情報収集をつづけていきます。