タケシの自動車情報

私、タケシが自動車情報を詳しく、分かりやすく紹介します。

【新型アルト フルモデルチェンジ 2021】新型エンジンと、ハイブリッド搭載で、燃費向上?デザイン、価格はどうなる?最新情報まとめ

スポンサーリンク


リーズナブルな価格が支持されている、スズキ・アルト。


アルトが、フルモデルチェンジで、新型エンジン、マイルドハイブリッドの採用など、大きく生まれ変わるといわれています。


今回は、新型アルトの発売時期、デザイン、パワートレイン、価格などについて紹介します。


新型アルトに関する情報を1ページでまとめて読めるようになっています。


ネット上には色々な情報が出回っていますが、ネット上の情報を、関係者の知人にも確認しながら、信ぴょう性が高いと思われる情報をピックアップして紹介します。

アルトのフルモデルチェンジは、2022年頃か

アルトのフルモデルチェンジは、2021年末~2022年に実施されるという情報が有力です。


アルトは、フルモデルチェンジでR06D型エンジン搭載へ

アルトには、フルモデルチェンジで、R06D型エンジンが搭載されるといわれています。


R06D型エンジンは、デュアルインジェクションシステム、クールEGRといった新技術を採用することにより、燃費性能を向上しています。


最高出力、最大トルクが若干落ちていますが、実用域では、従来のR06A型エンジンと同等の加速を実現しているということです。


実際、先に搭載されているワゴンRやハスラーでも、加速フィーリングが特に悪い。といった話は聞きません。


さらに軽量なアルトなら、全く問題ないでしょう。

スポンサーリンク



アルトはフルモデルチェンジで、マイルドハイブリッドも搭載か

新型アルトには、マイルドハイブリッドシステムが搭載されるといわれています。


マイルドハイブリッドシステムが搭載されるのは、一部上級グレードのみとなるでしょう。


マイルドハイブリッドシステム搭載より、WLTCモード燃費で30km/Lを超えてくるとみられています。


ちなみに、ライバル・ミライースの燃費は、WLTCモードで25.0km/Lです。


アルトはフルモデルチェンジで、スズキセーフティサポートも充実

アルトはフルモデルチェンジで、スズキセーフティサポートの機能も充実するとみられています。


デュアルセンサーブレーキサポートが採用されるのか、デュアルカメラブレーキサポートが採用されるのかは、まだ不明ですが、アダプティブクルーズコントロールと、全方位モニター用カメラが搭載されるといわれています。



現行モデルに搭載されている機能もあわせて、新型アルトに搭載されるとみられている機能は、以下のとおりです。


・自動ブレーキ機能
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱抑制機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・アダプティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ


このクラスにも、アダプティブクルーズコントロールの採用が当たり前になってきそうですね。


ミライースの方も、フルモデルチェンジで採用されるとみられています。


ただ、どちらも電動パーキングブレーキの採用はなく、停止保持機能は搭載されない模様です。


アルトはフルモデルチェンジで、デザインも一新へ

新型アルトのデザインですが、現行モデルのレトロ調のデザインを一新し、鋭い目つきのカッコイイ系のデザインに生まれ変わるといわれています。


まだ、具体的なデザインは分かっていないものの、現行モデルのデザインが、古臭い、安っぽいと言われているのも事実です。(実際安いわけですけどね)


アルトといえば、価格の安さも大きな魅力の一つであり、それほどコストをかけることができない中、どれだけデザインをブラッシュアップできるのか、気になるところです。


現行アルト
f:id:totalcar:20201130160323j:plain
出典https://www.suzuki.co.jp

スポンサーリンク



アルトはフルモデルチェンジで、快適性も向上

スズキの車といえば、軽量化、低燃費重視で、静粛性、乗り心地といったところはある程度割り切っている車が多くなっています。


アルトも例外ではなく、現状、乗り心地や静粛性の面では、ミライースが勝っています。


ただ、最近は燃費競争も一段落し、静粛性や乗り心地の向上にも力を注いできている傾向にあります。


新型アルトでは、乗り心地、静粛性など、ミライースと同程度に向上することが期待されています。


新型アルトの価格は、上位グレードが高くなりそうだ

新型アルトの価格は、上位グレードを中心に高くなるといわれています。


マイルドハイブリッドが搭載されるだろう。と紹介しましたが、マイルドハイブリッド搭載車は、非搭載車よりも10万円以上はどうしても高くなります。


エントリーグレードの価格は、現行モデルと同程度、90万円前後は守ってくるとみられています。


まとめ

エントリークラスのアルトですが、フルモデルチェンジで、着実に進化するようです。


現状、販売台数はミライースと拮抗しています(若干ミライースが優位)が、フルモデルチェンジで燃費、快適性が向上、また、先進機能が進化すれば、アルトの方が売れるようになるかもしれませんね。


車の買い替えを検討中の方へ


クルマを売る前に、自分の車がいくらで売れるのかを知っておきましょう。

>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪



下取り価格よりも数十万円高い値段が提示された。という例も珍しくありません。


高く売れた分グレードを上げたり、オプションをつけたりすることができます。


スポンサーリンク